LDLの酸化を防ぐ抗酸化物質が含まれる食品を積極的に摂ろう

ビタミン野菜

毎日の食生活の中で、脂質や糖質が多く含まれた食事をとっていると、コレステロールの値が上昇してしまいます。

コレステロールや中性脂肪が基準値より多かったり少なかったりする状態を「脂質異常症」と言います。

脂質異常症を改善しないと、動脈硬化になり最終的には心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があります。

コレステロールを下げるには、LDLコレステロールを減らすことが大切です。

その中でも、酸化LDLの生成を抑えてる働きがある抗酸化作用は、積極的に摂取したい成分です。

今回は、抗酸化物質が多く含まれる食品について紹介いたします。

活性酵素が悪さすることで動脈硬化が起きる?

血液

血液中のコレステロールを運んでいるLDL(悪玉)は、活性酵素の攻撃を受けることによって「酸化LDL」という物質に変化します。

もともと、活性酵素とは血液の中の酸素がエネルギーに変化する際に、一部が化学反応を起こすことによって作り出されます。そして、活性酵素によって「酸化LDL」になったコレステロールは、血管の壁に傷をつけ最終的には破裂させる原因となるのです。

活性酵素があると、それだけ酸化LDLがたくさん作られるため、悪玉コレステロールが善玉コレステロールよりも多い状態になります。悪玉コレステロールが多いと、血液内の中性脂肪も溜め込まれてしまい、当然数値が高くなってしまうのです。

こうしたバランスの崩れによって、正常値よりも悪玉コレステロールの数値が高い「高脂血症」になります。

高脂血症が改善されないと、血管内に溜まった中性脂肪と悪玉コレステロールが壁を作り、動脈硬化が起こることによって血流を止めてしまいます。

その場所が脳や心臓だった場合、脳梗塞や心筋梗塞といった取り返しのつかない病気を引き起こす可能性があるため、思い当たる人は注意しましょう。

抗酸化物質がコレステロールの値をさげる?

キウイフルーツ

LDLを酸化させないためには、「抗酸化物質」を含んだ食品を摂ることをおすすめします。

この抗酸化物質は活性酵素の発生を抑制してくれるため、酸化LDLの数を増えることを防ぐ効果が期待できます。

以下に、抗酸化作用がある栄養素と食品をいくつかまとめてみました。

・ビタミンA、ビタミンE…緑黄色野菜、牛レバー、豚レバー、鶏肉など
強い抗酸化作用をもっているため、悪玉コレステロールが酸化することを抑制してくれます。

ビタミンCと同時に摂取することで、相乗効果が生まれます。

・ビタミンC…ブロッコリー、レモン、キウイフルーツ、いちごなど柑橘類
血管壁を傷つける活性酵素から血管を守り、悪玉コレステロールが増えるのを防ぐため、動脈硬化の予防効果があります。ただし、摂取しても体内に長い間留まらず3時間後には尿として排出されてしまいます。

そのため、毎日たくさんのビタミンCを摂るように意識してみましょう。

・ポリフェノール類…赤ワイン、マンゴー、バナナ、チョコレートなど

  • カテキン
  • アントシアニン
  • タンニン
  • イソフラボン
  • クロロゲン酸
  • クルクミン

など、これらの栄養成分のことをポリフェノールと言います。

もともとは植物が、紫外線や外的、そして活性酵素から自分の体を守るために作り出した成分です。強い抗酸化作用を持っているため、活性酵素を無害化してくれます。

・アスタキサンチン…桜エビ、鮭、いくら、金目鯛など魚や魚卵

このアスタキサンチンは赤い色素であり、鮭の身が赤いのはこの成分によるものです。こちらも非常に強い抗酸化作用があります。

また、魚類であるためメインのおかずとして使うことで、肉よりも低脂質で良質な油を取り込むことができます。

このように、抗酸化作用はコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を防いでくれます。

毎日の食事にフルーツを一品加えるなど、抗酸化作用がある食材を上手に摂取するようにしましょう。