食後に血糖値が急上昇する食後高血糖はなぜ悪い?

食事皆さんは普段、血糖値には注意していますでしょうか。
これまでに血糖値が高いと指摘されたことがない人にとっては健康診断の時にのみ注意しておくという程度かもしれません。
よく検査の時に聞く空腹時の血糖値を気にする人もいますが、「食後高血糖」という状況にも注意しておかないといけません。
あまり聞いた事がないかもしれませんが、この食後高血糖というのはどういうものなのでしょうか。

食後高血糖って何ですか?

血糖値測定私たちの生活上、食事は当たり前のようにしますが、食事をした際にぶどう糖という形で分解され、後々、血液中に送り出され、エネルギー源として活用される事になるのですが、この状態が血糖として関係してきます。
食後は一時的に上がるのが通常なのですが、血糖が増えてくると膵臓からインスリンを分泌して糖分が筋肉細胞などに取り込まれ血糖値が下がっていくのです。
一時的に食後の血糖値は上がっても2時間ぐらい経過すれば通常は140㎎/dL以下の数値にまで下がっていきます。
ところが、人によっては2時間を経過した後でも140㎎/dL以上の数値になってしまう事があるのです。
この状態が食後高血糖という状況になります。

うまく血糖値が下げられない

医者食後高血糖はなぜ起こってしまうのかというと、通常、血糖値が上がった際にインスリンが分泌され、血糖値を下げようとする働きがあります。
インスリンの分泌が活発に行われていると血糖値は問題なく下がってしまうのですが、インスリンの分泌が充分に行われない人がいます。

 

  • インスリンの分泌量が少ない人
  • インスリンの分泌するタイミングが遅い人

このような状況の人は血糖値をスムーズに下げる事が出来ないので血糖値が高いままになってしまいます。
つまり体の中で増えていったぶどう糖を処理しきれないという状況です。
糖尿病の人や糖尿病予備軍に分類されている人は食後高血糖になりやすい傾向があるといわれています。

空腹時血糖値は問題ないのですが・・・

よく血糖値を気にする人にとっては空腹時血糖値の数値を気にする事が多かったと思います。
実は糖尿病の人や糖尿病予備群の人でも空腹時の血糖値の数値は問題がないという場合があるのです。
血糖値の検査で3種類に分類されます。

  • 正常型
  • 境界型
  • 糖尿病型

この正常型の人に比べて経口ブドウ糖負荷試験2時間値のみが高くなった糖尿病型の患者さんの方が死亡リスクが3.5倍高いといわれています。

今現在、これといった症状が出ていなくて空腹時の血糖値も問題ない数値だったとしても、経口ブドウ糖負荷試験2時間値の数値のみが高かったという場合、死亡リスクが高いため、注意しなくてはいけません。

動脈硬化の心配も

食後高血糖の人の場合、血糖値自体を正常値まで戻す事がなかなかできない(元に戻す能力が弱い)という状況になるので、「耐糖能異常」という状況でもあるのです。
実は耐糖能異常の場合、動脈硬化のリスクも高くなる事がわかっています。

実際に空腹時の血糖値が高いタイプの人と、食後高血糖の人では、食後高血糖の人の方が心血管系疾患へのリスクが高いといわれています。

食後高血糖の場合、他の病気のリスクも

食後高血糖の人は動脈硬化へ促進させるという事はわかりました。
動脈硬化だけではあまり症状が出ないのでピンと来ないかもしれませんが、実は他の疾患リスクもあるという事が指摘されています。

  • 活性酸素の働きを促進させ血管の炎症が起きやすくなる
  • 血管の炎症が起きやすくなる事から血管の壁が充分に機能しなくなる
  • 糖尿病性網膜症のリスクが出てくる
  • 動脈硬化が進行して脳卒中のリスクが出る
  • 同様に心筋梗塞の発症リスクが高くなる
  • がんの発症リスクが高くなる
  • 認知機能に影響があるという指摘もあります

このように食後高血糖だけでは終わらずに更なる疾患が増えてくる可能性があるので注意したいところです。

状況に合わせての治療を

食後高血糖の診断を受けた場合、状況に合わせての治療を行います。
血糖のコントロールの目標値としては、

「正常化を目指す場合」
ヘモグロビンA1c 6.0%未満

「合併症予防の目標」
ヘモグロビンA1c 7.0%未満

「副作用や体調の都合により治療強化が難しい場合」
ヘモグロビンA1c 8.0%未満

となり、患者に合わせた治療をしていきます。

・運動療法
中性脂肪の量が多いとインスリンが効きにくくなるので、運動は必要になってきます。
ぶどう糖の消費にもつながりますので、血糖値のコントロールはしやすくなるといったメリットもあります。

・食事療法
「1日3食、適切な量やエネルギーを摂取するようにする」
「1日30品目の食品を摂るようにする」
といった事に気を付けて食事をするようにします。

運動療法、食事療法を行って2か月から3か月ほど様子を見て、改善されなかったら薬物療法を行います。

・薬物療法
α-グルコシダーゼ阻害薬などで食後の急激な血糖値上昇を抑えるといった具合に血糖値のコントロールを薬で行っていきます。
他にも複数の種類の薬がありますので、状況に合わせて薬を選択していき治療していきます。

検査はしっかりと行っておきましょう

食後高血糖は後々、色々な疾患のリスクがある事が今回、わかったと思います。
空腹時の血糖値が問題ないからとこれまで食後2時間後の血糖値は調べていなかったという場合は面倒でもしっかりと検査を行っておいた方が良いですね。

後々の疾患リスクも怖いので、自分が食後高血糖に当てはまらないかをまず確認して健康管理をしていきましょう。

食後に血糖値が急上昇する食後高血糖はなぜ悪い? はコメントを受け付けていません。 血糖値を下げる