血糖値を下げる飲み物のまとめ

お茶を飲む女性普段からの食べ物や飲み物が大きく血糖値に影響してきます。
そのため、血糖値が高めだと気になるようであれば、まず手軽に実践できる飲み物から見直してみてはどうでしょうか。
血糖値を下げる効果が期待できる飲み物をご紹介していきます。

コーヒー

コーヒーコーヒーは一見、嗜好飲料というイメージもありますよね。
コーヒーを普段から飲んでいる習慣がある人にはⅡ型糖尿病の発症するリスク自体が少ないという結果が出ています。
また、コーヒーにはクロロゲン酸という成分が入っています。
クロロゲン酸はポリフェノールの仲間になるのですが、インスリンの分泌を促進する働きがあります。
そのため、コーヒーを食後に飲んでいた人は飲んでいなかった人に比べて血糖値が低かったという事がわかっています。
食後30分以内を目安にコーヒーを飲むと血糖値対策になりますが、カフェインが鉄分の吸収を阻害してしまうという報告もありますので、貧血気味の人は試してみる前にかかりつけの医師に相談した方が良いでしょう。

トマトジュース

トマトジューストマトは食材のみで考えても血糖値の上昇の目安となるGI値の数値が低いため、インスリンの分泌も少なくなります。
そしてトマトジュースで注目したいのは抗酸化作用が強いリコピンが豊富に含まれている点です。
抗酸化作用が強い成分というのは血糖値を気にしている人にとってはありがたい成分です。
体に活性酸素が多くなると血糖値を下げようと分泌されるインスリンの働き自体を邪魔してしまう傾向があります。
リコピンが活性酸素を抑える働きがあるので、インスリンも充分に分泌しやすい状況になり、血糖値を下げる効果が期待できるのです。
実際に肥満状態のマウスにリコピンを投与する実験をしたところ、1か月後に血糖値が20%、中性脂肪値が30%下がったという結果が出ています。
選ぶ際は塩分も考慮してなるべくトマト100%の食塩無添加タイプのトマトジュースを選ぶようにしましょう。

ウーロン茶

ウーロン茶お茶はポリフェノールが豊富に含まれている飲み物になりますので、糖質自体の吸収を穏やかにする働きがあります。
その分、血糖値の急激な上昇を抑える事が出来る飲み物になるのです。

グァバ茶

グァバ茶シジュウム茶という名前でも販売しており、グァバの葉を乾燥、焙煎してお茶にしています。
ドラッグストアなどの健康茶のコーナーで入手しやすいお茶の一つです。
グァバ葉ポリフェノールが豊富で、他のポリフェノールに比べて大きいといった特徴があるので、そのまま腸で吸収されずに残る事が出来ます。
そして腸の中で消化酵素と一緒になる事から糖分の分解をあまりできないように働きかけてくれるので、血糖値の上昇が抑えられるようになるのです。
血糖値が高く気になっている人におすすめしたい飲み物の一つとなります。

コーン茶

コーン茶香りも良くカフェインが含まれていないので家族みんなで安心して飲めるお茶になります。
コーン茶には食物繊維の仲間の難消化性デキストリンが含まれています。
この食物繊維が腸の中で糖分を吸収する特徴があり、体への糖分の吸収する量を抑える事が出来るので、血糖値の上昇を抑える事にもつながります。
他にも血糖値だけでなく、中性脂肪やコレステロールにも良い効果が期待出来るので生活習慣病対策としても活用できるお茶になります。
最近はドラッグストアなどでも見かけるようになり、手軽に購入できるようになってきているので、妊娠中に血糖値の上昇が気になっているという妊娠中の人に選んでほしいお茶です。

バナバ茶

バナバ茶フィリピンで糖尿病の治療に役立てられているお茶になります。
バナバにはグリコース・グリコキニン配糖体や、コロソリン酸という成分が含まれており、インスリンと似ている事から血糖値を下げる働きがある事がわかっています。
抗酸化作用も強いので健康面の維持や免疫力UPといった役割にも利用できる健康茶として飲む人が多いです。
食前や食事中に一緒に飲む事をお勧めします。

菊芋茶

菊芋茶キク科の菊芋をお茶にしたものです。
菊芋で注目したいのはイヌリンという成分が含まれており、水溶性の食物繊維になります。
これらの繊維が糖分を吸着し、ぶどう糖の体への吸収量を減らすことから血糖値が急激に上がるのを抑える働きがあります。
また、イヌリンは最終的に腸の中でフルクトオリゴ糖に分解されますので、腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を良い方向へ整える働きもありますので、便秘解消にも役立つ事も期待出来、健康茶としても好まれているお茶です。

ペットボトルのドリンクも上手に取り入れて

からだすこやか茶最近ではトクホ飲料などで血糖値を下げる効果が期待できる飲料も多く販売されています。
日中の水分補給など、もしドリンクを購入する機会がある場合は是非、これらのトクホ飲料などを取り入れるようにしてみて下さい。
比較的、お茶製品が多いのですが、商品によって若干のクセなどを感じたり気になるという人もいますので、試しに飲んでみて気に入った味を探しておくとよいでしょう。

・からだすこやか茶W

コカコーラから販売されているトクホ飲料です。
難消化性デキストリンという食物繊維を配合しているお茶なので、血糖値の上昇を穏やかにして脂肪の吸収も抑えるといった働きをしてくれます。
そのため、脂肪と糖を両方気にして食事をする時に一緒に飲んだり、生活習慣病を気にしている人にぴったりのお茶です。

・食事と一緒に十六茶W

アサヒから販売している十六茶のトクホバージョンです。
こちらも難消化性デキストリンという食物繊維を配合しているお茶になるので、脂肪と糖、ダブルで効果があるお茶という事になります。

・蕃爽麗茶

ヤクルトから販売されているお茶です。
グァバの葉をお茶にして抽出しているのでグァバポリフェノールの効果で血糖値の上昇を穏やかにします。
グァバ茶の蕃爽麗茶は昔から販売されていますが味や風味に多少癖があるので、好みが分かれてしまうかもしれません。

・健茶王

アサヒから販売されています。
「すっきりウーロン茶」「香ばし緑茶」「黒豆黒茶」の3種類があり、こちらも難消化性デキストリンという食物繊維を配合しているお茶になります。
特に効果的な違いはないので味の好みで選ぶと良いでしょう。

・三ツ矢サイダ―W

三ツ矢サイダ―から販売されています。
血糖値のトクホ商品にしては珍しく炭酸飲料でカロリーも保存料も着色料ゼロになります。
こちらも難消化性デキストリンという食物繊維を配合しているので、食後の血糖値上昇を穏やかにしてくれます。
清涼飲料を我慢している人にとってはうれしい商品ですね。

・SAPPORO+(サッポロプラス)

ノンアルコールビールでのトクホになります。
やはり難消化性デキストリンの配合で、血糖値上昇を穏やかにしてくれる飲料です。

・スマートショット ブラック

ダイドーから販売されているコーヒー飲料です。
同様に難消化性デキストリンを採用しているので、同じ休憩時のコーヒーならこちらがおススメです。

持ち運びに便利な飲み物も

グルコケア1杯分ごとに粉末タイプの分包タイプになっている物でもトクホを取得している商品があります。
持ち歩き、ストックも便利ですし、必要な時に水やお湯で溶かして飲むだけという手軽さがあります。

・グルコケア

大正製薬から販売されています。
1箱に30包入っており、緑茶とほうじ茶がブレンドされています。
他のドリンク同様に難消化性デキストリンが使用されています。

・デキストリン珈琲

ヤマサンから販売されています。
名前の通り、難消化性デキストリンが含まれているコーヒーになります。
よくコーヒーを飲むという人はこのような商品を利用して飲むようにすると良いですね。

・糖健茶料

サンスターが販売しているお茶です。
ウーロン茶味のお茶になり、難消化性デキストリンのおかげで血糖値対策に役立ちます。

・食事のおともに食物繊維入り緑茶

日清オイリオから販売しており、6gのパックが60包入っています。
他の商品と同様に難消化性デキストリンを採用しています。

・食事のおともに食物繊維入り紅茶

先ほどご紹介した食物繊維入り緑茶と同じように日清オイリオが販売しています。
こちらは6g入りのパックが30包入りです。
血糖値対策のお茶を飲みたいけど、いつもと違うものが飲みたいと思った時に最適な紅茶になります。

・ファットケアスティックカフェ

大正製薬から販売しているコーヒーになります。
4.5gのパックが30包入っており、ブラックコーヒータイプで甘さなども入っていません。
難消化性デキストリン配合のため、糖の吸収を穏やかにしてくれるコーヒーになります。

自分で好きな飲み物に

賢者の食卓大塚製薬から「賢者の食卓 ダブルサポート」が販売されています。
難消化性デキストリンパウダーが個包装されています。
つまり自分の好きな飲み物に加えるだけで難消化性デキストリン入りの飲料にする事が出来るという商品になります。
ドリンクに混ぜるだけでなくスープやシチュー、煮物やおみそ汁など、料理にも混ぜる事が出来、クセもあまりないので違和感なく難消化性デキストリンの摂取をすることが出来、血糖値対策に役立てる事が出来ます。
購入しておいていつでも気になった時に使えるようにしておくと便利です。

自分に合うものを

お茶を飲む女性これまで多くの飲み物をご紹介してきました。
血糖値対策のトクホ飲料などはほとんど難消化性デキストリンを採用しているのがわかりましたね。
同時に脂肪対策も出来るので是非、普段から飲むようにしたいものです。

見ているとどれが良いのか迷ってしまうかもしれませんが、自分の味の好みや続けやすいか、飲んで体に不快な影響は出ていないかなど、トータル的に考えて自分に合った飲み物を見つける事がポイントです。
なのでまずは自分に合った飲み物を探す目的で試す事からになってしまいますが、血糖値対策の一歩として習慣づけてみて下さい。

血糖値を下げる飲み物のまとめ はコメントを受け付けていません。 血糖値を下げる