何も食べていない状態でも血糖値が急上昇することがある?!

ダイエット健康上、気を付けたい数値の一つとして血糖値が当てはまります。
血糖値が高い状態が続くと糖尿病になり、血管に深刻なダメージを与えていくので血糖コントロールが必要です。
厚生労働省によると平成26年の糖尿病の患者数は316万人を超えています。
前回調査の2011年に比べると46万人も増加しているそうです。
それだけ患者さんは増えているという事を考えると血糖値に関する関心は持った方が良い事がわかります。

ところで、血糖値というと食事をした後に上がったり、甘いものを食べた後に上がってしまうものと考えて食事の時にだけ気を付けようと思ってしまいがちです。

実は、食事をしていなくても血糖値が上がってしまう事があるというのをご存知でしょうか。

食事以外のタイミングでどのような時に血糖値が上がってしまうのか、調べてみましょう。

体調不良の時は注意

風邪風邪、疲労、睡眠不足、生理前など、ちょっとしたことで体調が良くないなと感じる事ってありますよね。
この体調が良くない時に交感神経系を優位にします。
交感神経が優位な状況になるとインスリン拮抗ホルモンの分泌量が増えるために血糖値が上がりやすい状況になるのです。
他にも体調不良の時に下痢や嘔吐など、体の水分量が減ってしまう事があると血糖値が上がりやすくなってしまいます。

また、体調不良だけでなく、ストレスが続いたりすると同様に血糖値が上がりやすくなります。

ここで注意したいのは高血糖でインスリン注射をしている患者さんです。
通常、食事のタイミングに合わせて注射をすると思いますが、体調不良で食事を食べらなかった場合でも高血糖になる可能性があるのでインスリン注射をする必要があります。
自己判断で注射をしないで高血糖になってケトアシドーシスを引き起こしてしまう事もありますので食事をしていなくても注射は行うようにして下さい。

朝方

インスリン注射を行っている人の場合、朝、起きた時にちょうど薬が切れている状況になるので、起床時(朝の空腹時)に血糖値の測定をすると高くなっているという状況が見られる事があります。

飲酒

食事をしていないでアルコールのみ飲んだ場合、血糖値は上がります。
アルコール自体が肝臓にあるグリコーゲンをブドウ糖に変えるといった働きに役立つため、ブドウ糖の量が増え、血糖値が上がりやすくなってしまいます。

喫煙

医者タバコは体に良くないとわかっていてもなかなか禁煙が出来ないという人も多いかもしれません。
喫煙は血糖値を上げる事がわかっています。
タバコを吸うと体内のアディポネクチンというホルモンが減ってしまいます。
アディポネクチンはインスリンの働きに関係しており、喫煙者にはインスリン抵抗性が見られるからです。
インスリンが充分に働かないと血糖値は上がりやすくなります。
また、喫煙してからある程度の時間、アディポネクチンの量が少ないままであることもわかっていますので、血糖値を下げる働きをサポートするためにも禁煙をしたほうが良いという事になります。
血糖値が高い状態が続くと動脈硬化のリスクも出てきますし、糖尿病のリスクも増えてきます。
後々の健康状態も考えて、出来る範囲で禁煙を実行するようにしましょう。

経口避妊薬(ピル)

治療の必要性が出てピルを処方されている人もいると思います。
ピルの処方に関しては糖尿病の病歴があるかといった質問を受けると思います。
これはピルに含まれるプロゲステロンというホルモンが関係してきます。
プロゲステロンの影響でインスリン感受性が下がってしまう事がわかっています。
そのため、充分にインスリンが作用せずに血糖値が上昇する可能性があるのです。
ただ、これはプロゲステロンの量によって違いが出てきますので、糖尿病や境界型の診断を受けた事がある人は処方前に一度、医師と服用時に問題がないか相談をしてみると良いでしょう。

副腎皮質ホルモン(ステロイド)の使用

疾患などの治療によってステロイドの薬を処方され、内服する事があると思います。
ステロイドは肝臓で糖を作り出す働きを促進する働きがあります。
そのため、血中のブドウ糖の量が増えてしまうのです。
また、血中のブドウ糖はエネルギー源として必要に応じて使用されるのが通常ですが、ステロイドは糖をエネルギーとして利用するのを邪魔してしまうため、ブドウ糖の量が減りにくくなります。
これらの作用から血糖値が上がりやすくなるので、ステロイドの処方の話があった場合、糖尿病の診断を受けている人、もしくは境界型に属した状態の人は処方前に医師と相談するようにして下さい。

自分で出来る範囲の対応を

食事をしなくても血糖値が上がってしまう要因をご紹介してみました。
この中に自分も当てはまるという状況があったと思います。
これらの要因のほとんどは自分の状況管理次第で回避する、改善する事も可能です。

・禁煙をする
・飲酒量を決めて深酒をしない
・体調不良時には安静にする
・インスリン注射に関しては体調不良時でも食事をしていなくても注射する
・ストレスをためない
・充分に睡眠時間をとる
・薬の処方に関しては自分が血糖値が高いことを伝える

これらを心がける事で食事以外でも血糖値を上げないように工夫する事が出来ます。
出来る範囲から実行してみて下さい。

何も食べていない状態でも血糖値が急上昇することがある?! はコメントを受け付けていません。 血糖値を下げる