食べても血糖値を上げないお菓子をいくつか紹介します。

我慢血糖値を必要以上に上げないようにしようと思った時に考えるのは糖質の過剰摂取を避ける事です。
糖質の量を減らすと効果は出てくる場合が多いのですが、これまでにおやつとしてスイーツ系を食べる習慣があった人にとって、急におやつを我慢するというのもなかなか難しいです。
場合によってはストレスがたまり逆効果になってしまいます。
今回は血糖値が上がりにくいスイーツをご紹介してみますので、自分で作ってみませんか?

焼きドーナツ

焼きドーナツ豆腐(絹)150g
おからパウダー 30g
アーモンドプードル 60g
オリーブオイル 20g
卵 1こ
ココアパウダー 大さじ2
ダイエット甘味料(エリスリトールなど)50g
豆乳 150g
ベーキングパウダー 小さじ1

・これらの材料を全部、フードプロセッサーなどで混ぜます。

・混ぜた生地を絞り袋に入れ、天板に絞り出します。

・もしくは焼きドーナツの型や耐熱性シリコンの焼き菓子の型などに入れてもいいです。

・オーブンを180℃に温めておき、15分焼けば完成です。

全粒粉のパウンドケーキ

医者バナナ 2本分
全粒粉 100g
小麦粉 20g
てんさい糖 20g
ベーキングパウダー 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2
豆乳 20cc
くるみ ひとつかみ分

・バナナをつぶします。手でも良いですし、フォークでもつぶしやすいです。

・てんさい糖を加えて混ぜ、オリーブオイルを更に加えて混ぜます。

・更に全粒粉と小麦粉、ベーキングパウダーを一緒にふるっておき、一緒に混ぜます。(完全に混ぜないでさっくり混ぜる感じで)

・豆乳を加えつつ混ぜます。

・オーブンは180℃にして温めておきます。
パウンド型にオリーブオイルを塗っておき、生地を流し込み、上にクルミをトッピングします。

・オーブンに入れ、180℃で25分焼いて完成です。

豆腐のアイス

豆腐 お好みの量
はちみつ お好みの量

・豆腐は軽く水切りします。

・はちみつを加え、フードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜます。

・フードプロセッサーがない場合はジップロックや厚みがある破けにくいポリ袋に豆腐とはちみつを入れ、もむように混ぜます。
ジップロックであればそのまま凍らせることが出来るので便利です。

・ポリ袋に入れ、凍らせます。

・凍ったら滑らかになるまでつぶして混ぜ、また凍らせます。
(繰り返すとよりおいしくなります)

・バニラエッセンスを加える、無糖のココアパウダーを加える、バナナを加える、ラムレーズンを加えるなどアレンジが出来るので夏におすすめです。

きなこ寒天

寒天 お好みの量
きなこ 適量
てんさい糖 適量
黒蜜 適量

・寒天は商品によって作り方が違うので指定の水量で煮溶かして適当な器に入れて固めます。

・固まってから食べやすく(みつ豆みたいに)さいころ状に切って器に盛ります。

・きなこはてんさい糖と混ぜ、切った寒天にかけます。
通常の比率は砂糖1に対してきなこは2です。
若干、糖分は控えめにしてみましょう。

・黒蜜は控えめにかけて食べるようにして下さい。

自家製あずき

小豆 200g
ラカント(エリスリトール)、もしくはてんさい糖 160g

・小豆は一晩、倍量の水につけます。

・大きめの鍋に小豆と水1リットルを入れ、煮ます。

・途中、差し水をしながら中火ぐらいで蓋をして50分ほど煮ます。
豆をつぶしてみて柔らかくなっているか確認して、まだ固かったら更に差し水をしつつ、柔らかくなるまで煮て下さい。

・豆が柔らかくなってから糖分を3分割にしておき、1/3入れたら10分混ぜつつ煮るを3回、繰り返します。
煮あがったら冷ましてください。

・小豆は血糖値を下げる効果があり、洋菓子よりも和菓子の方が血糖値対策に対しては有効です。
たくさん作っておいて小分けして冷凍しておくと便利です。
先ほどご紹介した寒天にトッピングしたり、あんみつ風として食べるのもおすすめです。
糖分は控えめで作りましょう。

ガトーショコラ風ケーキ

薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
ココアパウダー 30g
おから 50g
オリーブオイル 大さじ2
スキムミルク 大さじ2
蜂蜜 大さじ2
てんさい糖 大さじ3
水 150cc

・オーブンは180℃で余熱をしておく

・ポリ袋におからを入れ、オリーブオイルを加えてもみ混ぜる

・ボウルにおからを混ぜたものをうつし、スキムミルク、てんさい糖、はちみつ、水を混ぜておいたものを少しずつ加え、つぶすようにしながら混ぜます。

・薄力粉、ベーキングパウダー、ココアパウダーを一緒にふるいにかけておきます。

・粉を少しずつ加えて混ぜます。一度には入れないようにして下さい。

・15㎝の型に流し込み、5㎝ぐらい持ち上げて落とし、空気を抜きます。
オーブンに入れ、180℃で25分焼きます。

自分で作ってみる事で分かるのは・・・

今回は比較的、手軽に作れるおやつをご紹介しました。
食べてみると甘すぎないでちょうどよい味わいです。
実際におやつを自分で作ってみるとわかる事なのですが、控えめとはいえどもこんなに入れるの?ってぐらい、「結構、糖類の量が多く入るんだな」と感じると思います。
という事はこれまで普通に食べていたおやつ類の糖分の量はもっと多いというのがわかりますよね。
最近では低糖質関連のスイーツなども販売されていますが、甘さも強めですし、低カロリーとはいえ、どれぐらいの量の糖類が使われているかも実感できません。
なので、自分でおやつを作ってみるという事で糖分の使用量を把握して、控えるように工夫してみましょう。

食べても血糖値を上げないお菓子をいくつか紹介します。 はコメントを受け付けていません。 血糖値を下げる