HDLコレステロールが高い原因にはこんな症状が!善玉=健康は大間違い!

HDLコレステロールが高い原因にはこんな症状が!善玉=健康は大間違い!

HDLコレステロールは善玉コレステロールと言われるものですが、数値が高ければ良いというわけでもありません。それによって引き起こされる健康への問題もあるのです。

善玉コレステロールが高いから健康だという認識はもう古いかもしれません。

そこで今回は、HDLコレステロール値が高い場合の原因や引き起こされる病気、また改善方法などをお伝えしていきます。

コレステロールが高い=不健康?

コレステロールが高い=不健康?

コレステロールという言葉はよく知っていると思います。しかし、コレステロールが高いと不健康で低いと健康だという認識しかしていないのではないでしょうか?

コレステロール値が高いこと自体が病気ということではありません。コレステロールには2種類あり、そのバランスが大切になります。コレステロール値が高すぎる場合には、動脈硬化を引き起こす可能性があり、病気の原因となることもあります。

しかし、コレステロールは脂質という重要な栄養素のひとつですから、一面だけを見て不健康だという判断にはならないのです。

コレステロールは善玉と悪玉の2つに分けられる

コレステロールは善玉と悪玉の2つに分けられる

コレステロールというのは善玉コレステロールと言われる「HDLコレステロール」と、悪玉コレステロールと言われる「LDLコレステロール」があります。

体内にあるコレステロールは、HDLコレステロールとLDLコレステロールによって、細胞や肝臓に運ばれます。

この2つは全く違う動きをしています。

善玉と呼ばれるHDLコレステロール「HDL-C」

善玉コレステロールと言われるHDLコレステロール「HDL-C」は、血管の壁に溜まってしまったコレステロールを取り除いて、肝臓に運びます

つまり、血管の掃除をしているということですね。

悪玉と呼ばれるLDLコレステロール「LDL-C」

それに対して、悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロール「LDL-C」は、肝臓に蓄積しているコレステロールを体内のあちらこちらに運ぶという役割を担っています。

体内のLDLコレステロールが多くなると、HDLコレステロールはコレステロールを運びきれなくなってしまうことになります。つまり、血管内に残ってしまったコレステロールが壁を作ってしまい、動脈硬化や高脂血症などの症状が起きるのです。

HDLコレステロールは動脈硬化の予防に大切な存在

HDLコレステロールは、血管のつまりを取り除く働きをしてくれますので、血管のつまりによって起こる動脈硬化の予防にとても大切な存在となります。

HDLコレステロールは余分な脂質を掃除してくれる

LDLコレステロールが多くなると、血管のつまりが起こりやすくなります。そのつまりである脂質を掃除してくれるのがHDLコレステロールです。

HDL値が低いと、狭心症や心筋梗塞を起こしやすい

血管のつまりと取り除く存在のHDLコレステロール値が低いということは、余分なコレステロールを取り除かれる機能が低下しますので、動脈硬化から狭心症や心筋梗塞などを起こしやすくなってしまうのです。

HDLコレステロールは高ければ高いほど良い?

では、HDLコレステロールの数値は高ければ高いほど良いのでしょうか?

実はそうとも言えないのです。LDLコレステロールの数値とHDLコレステロールの数値のバランスが大切です。HDLコレステロールの数値だけが高い場合には、何かしらの問題のある症状が出てくることがあります。

HDLコレステロールが高い場合、肝機能の低下が疑われる

HDLコレステロールは、動脈硬化の原因となる血管壁に付着したコレステロールを取り除くため、数値が高いと動脈硬化の危険性が低くなるのですが、あまり数値が高い場合には、肝機能の低下が疑われます。

コレステロールの約7~8割は肝臓で作られる

コレステロールの数値が増減する原因としては、肝臓機能の低下が考えられます。これは、コレステロールの7~8割は肝臓で作られるためです。食事は2~3割の影響となります。

つまり、HDLコレステロールの数値が低い場合はもちろんのこと、高い場合でも、肝機能についての問題が疑われるのです。

HDLコレステロールが高い状態、高HDLコレステロール血症

HDLコレステロールの数値が高い状態というのは、高HDLコレステロール血症という状態になります。では、どれくらいの数値だと、高HDLコレステロール血症と診断されるのでしょうか。

HDLコレステロール値が100mg/dlを超えた状態

高コレステロール血症と診断される数値の目安は、HDLコレステロール値が100mg/dlを超えた場合です。高コレステロール血症と診断されるということは、何らかの病気の影響があると考えられます。

日本人の1000人に1人が高HDLコレステロール血症

実は、日本人の1000人に1人が高HDLコレステロール血症と診断されています。その原因の1つとして、「家族性CETP欠損症」があります。CETPとは、コレステロールエステル転送たんぱくといわれる酵素のひとつで、遺伝的に欠損しているのです。

つまり、遺伝的にHDLコレステロールの機能が低くなっていることを補うために、HDLコレステロールが肝臓で大量に合成をし、数値が高くなるのです。

HDLコレステロールが高いこと、それ自体に問題はない

HDLコレステロールが高いことについては、そのこと自体ない問題があるのではありません。たとえ、高HDLコレステロール血症と診断されたとしても、それによって体に症状を伴うことはありません。

では、どのような場合に注意が必要なのでしょうか。

HDLコレステロールが高い場合、注意が必要な2つのケース

HDLコレステロールの数値が高い場合に注意が必要なのは、次の2つのケースです。

・肝機能の障害が疑われるケース

・CETP欠損症が疑われるケース

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

肝機能の障害が疑われるケース、原発性胆汁性肝硬変

肝機能の障害が疑われるケースとしては、原発性胆汁性肝硬変があります。原発性胆汁性肝硬変というのは、肝臓の胆管が破壊されることにより、胆汁の流れが悪くなり、回収したコレステロールを胆汁に排出できなくなります。

これによって、HDLコレステロールの数値が高くなるのです。症状としては、かゆみ・疲労感・口の渇き・ドライアイ・黄疸などの症状が現れます。

動脈硬化のリスクの高いCETP欠損症

もうひとつは、CETP欠損症が疑われるケースです。家族性CETP欠損症の場合には、動脈硬化のリスクが高くなります。

CETP欠損症の場合、冠動脈疾患の傾向がある

動脈硬化のリスクが高くなることで、冠動脈疾患の傾向があります。例えば、狭心症や心筋梗塞などのリスクが高くなるのです。

CETP欠損症には、根本的な治療や予防法は無い

CETP欠損症というのは遺伝性のものですので、根本的な治療や予防法は現在ない状態です。しかし、日常生活の中でコレステロールを調整することも可能ですし、投薬による調整をすることは可能です。

HDLコレステロールが高い時は、LDLコレステロールも要チェック

コレステロール値については、HDLコレステロール値だけでなくLDLコレステロール値もチェックしてみましょう。

HDL・LDLコレステロール共に高い疾患、脂質異常症

HDLコレステロールもLDLコレステロールも数値が高い場合には、脂質異常症と診断をされる場合があります。

脂質異常症というのは、血液中の脂肪分の濃度に異常がある状態のことを言います。脂質異常症となる場合、症状が現れないにも関わらず、血管が傷めつけられる可能性があります。その先は、動脈硬化のリスクが高まることになります。

HDLコレステロールが100㎎/dlを越えた場合は病院を受診

HDLコレステロールの基準値は、40mg/dl以上とされていますが、100mg/dlを超えた場合には、高HDLコレステロール血症の疑いがありますので病院を受診しましょう。

HDLコレステロールの数値だけが高い場合には、投薬による治療も可能

HDLコレステロールの数値が高いだけの場合には、投薬によって数値をコントロールする治療も可能です。

高いコレステロール値、高過ぎても低過ぎても考え物

コレステロール値というのは、高すぎても低すぎても、身体に何らかの悪影響を与えることになります。そのため、定期的に血液検査をして、自分自身のコレステロール値をしっかりと把握することが大切です。

HDL・LDLコレステロールは日常生活で調節できる

HDLコレステロール値もLDLコレステロール値も、日常生活の中で調整することが可能です。では、日常生活の中でどのようなことに注意すると良いのでしょうか。

HDLコレステロールが高い原因、低い原因

まずは、HDLコレステロールが高い原因について考えていきましょう。

男性より女性の方がHDL値は高い、理由は女性ホルモン

一般的には、HDLコレステロールは男性よりも女性の方が高い傾向があります。これは、女性の方がホルモンの影響を受けて高くなりやすいためです。

喫煙や肥満の場合、HDLコレステロールが減少する

HDLコレステロールが減少する原因としては、喫煙や肥満などがあります。低すぎるHDLコレステロール値は、動脈硬化を起こすリスクが高くなりますので、禁煙や食生活などを注意する必要があります。

適度な運動、適度な飲酒はHDLコレステロールを増加させる

HDLコレステロールが低い場合には、適度な運動がおすすめです。また。適度な飲酒もHDLコレステロールを増加させるのには有効です。

HDLコレステロールを減らしてしまう行動

HDLコレステロールは、血管内の不要なコレステロールを運び出す機能がありますので、血管による疾患を防ぐためには、HDLコレステロール値が極端に少ないのはよくありません。

では、HDLコレステロール値を減らしてしまう行動にはどのようなことがあるでしょうか。

中性脂肪はHDLコレステロールを減らす原因

中性脂肪には、皮下脂肪・内臓脂肪・血中脂肪などがありますが、食べ過ぎによって消費されなかった中性脂肪はどんどん蓄えられていくことになります。肥満が加速してしまうと、HDLコレステロールを減らしてしまう原因となります。

喫煙はHDLコレステロールを減らす上、動脈硬化を促進する

同じように、喫煙もHDLコレステロールを減らしてしまう原因となります。それだけでなく喫煙は、動脈硬化を促進してしまう危険性も高くなります。

LDLコレステロールを増える原因

LDLコレステロールが増えると、血管内のコレステロールが処理しきれず、血液壁に付着して動脈硬化を起こすリスクが高まります。LDLコレステロールも決して不要なものではありませんが、高すぎるLDLコレステロールは、さまざまな病気の原因となります。

では、LDLコレステロールが増えてしまう原因にはどのようなことがあるでしょうか。

動物性食品はLDLコレステロールを増加させる主要因

食物の中でも、動物性食品はLDLコレステロールを増加させる要因となります。例えば、バター・牛肉や豚肉の脂身、生クリーム・チーズなどが挙げられるでしょう。

LDLコレステロールを減らす食品

逆に、LDLコレステロールを減らす食品もあります。例えば、植物性脂肪というのは、LDLコレステロールを下げる作用があります。もちろん植物性脂肪とは言っても、脂肪ですので摂り過ぎは禁物です。

緑黄色野菜はLDLコレステロールの吸収を防ぐ

緑黄色野菜については、LDLコレステロールの吸収を防ぐ働きがありますので、動物性食品を摂る時には、緑黄色野菜も一緒に摂ることが大切です。

普通が1番!HDL・LDLコレステロールのバランスを保つ事が大切

HDLコレステロールもLDLコレステロールも、高すぎても逆に低すぎても、身体に何らかの問題が出てくる可能性があります。大切なのは、HDLコレステロールとLDLコレステロールのバランスを保つことです。

極端に高い数値や低い数値という場合には、病院での検査や診察を受けてみるのが良いでしょう。また、日常の生活の中で改善できることもありますので、それなりの努力も必要となりますね。

是非参考にしてみて下さい。