コレステロールの吸収を抑えてくれる食物繊維を必ず摂ろう

大豆

栄養成分である食物繊維は、どんなイメージがありますか?

おそらく、多くの人が便秘解消や大腸がんの予防など、胃腸に関する効能を挙げるのではないでしょうか。

実は、食物繊維はコレステロールの吸収を抑える働きがあり、コレステロール値が上昇するのを防いでくれるのです。そのため、毎日の食事メニューの中にぜひ取り入れたい栄養素と言えます。

今回は、そんな体に優しい食物繊維とコレステロールの関係について解説いたします。

食物繊維ってどういう栄養素?

stomach

食物繊維とは、人の体内にある消化酵素が消化することができない難消化性成分のことを言います。

体の中に入った食物繊維は、胃と小腸を通り大腸内の腸内細菌によって、体内で吸収することができる分解物に転換されます。

そのため、体内に入ってから長い時間をかけて、ようやく栄養として体に吸収されるのです。

そして食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。同じ食物繊維でありながら、この二つはそれぞれ含まれる食品や働きに違いがあります。

水溶性食物繊維

かぼちゃ

体内に入ることでぬるぬるとした粘性を帯びる特性があります。

そのため、体の中の余分な糖分や脂肪を包み込んでくれることにより、吸収速度をゆるやかにする働きがあるのです。

食後に血糖値が急激に上昇することを予防したり、血液内のコレステロールの値を下げるという効果もあります。

・ペクチン…かぼちゃ、大根、キャベツなど
食後の血糖値の上昇を抑制し、コレステロール値を下げます。

・フコイダン…昆布、わかめ、もずく、めかぶなどぬるぬるする海藻類
弱った肝臓を助け、肝機能を向上させます。血圧を安定させ、抗アレルギーの効果もある成分です。

・アルギン酸…昆布、わかめ、もずく、めかぶなどぬるぬるする海藻類
コレステロールや血糖値が上昇するのを抑制します。ぬめり成分が強いため、しつこい便秘にも効果が期待できます。

・グルコマンナン…こんにゃく
食後の胃の内容物を包み込み、消化や吸収を遅らせる作用があります。水を吸収するため、食べることで胃の中で膨らみ、満腹感を得ることができため、ダイエット食品として人気が高いです。

不溶性食物繊維

玄米

水に溶けにくい繊維質であるため、腸内にたまった便を外に排出させる効果が期待できます。

便秘解消だけでなく、腸内に溜まった発がん性物質のような有害物質の排出を手助けしてくれる成分です。

・セルロース、ヘミセルロース…玄米、小麦ふすま大豆、ごぼう、りんごなど
セルロースは米などの穀類の外皮に多く含まれている栄養素です。腸内の有害物質や、便を外に排出する働きがあります。

また、ヘミセルロースはセルロールとほぼ同じ働きですが、腸内の善玉菌を増やしてくれます。

・キチン、キトサン…えび、かになど甲殻類の殻
血圧やコレステロール値が上昇するのを防いでくれます。免疫力を向上させる働きがあるため、体の自然治癒力が高まります。

・ペクチン…キャベツなどの野菜、果物
ペクチンは水溶性と不溶性のものがあります。不溶性の場合は、腸内に溜まった有害物質に吸着し、体外に排出する働きがあります。

この有害物質の中には余分はコレステロールも含まれます。不溶性食物繊維がコレステロールを絡めとり、体内のコレステロールを減らしてくれるのです。

胆汁酸がコレステロールを下げるカギ!

説明しているお医者さん

余分なコレステロールを絡み取り、体外に排出してくれる食物繊維ですが、この時に胆汁酸も一緒に排出する働きがあります。

この胆汁酸は、肝臓の中でコレステロールを素として作られるため、食物繊維と一緒に出て行った分を補おうと、体内のコレステロールが消費されます。

これによって、血液内のコレステロールが減少し、値が下がるのです。便秘だけでなく、がんの素となる有害物質を排出し体内をきれいにする、まさに掃除屋の食物繊維。

毎日の食生活の中で、食物繊維を多く摂取することはコレステロールを下げる近道となります。