コレステロールが上がるとかかりやすくなる病気

フルーツ

ある程度の年齢を重ねると、自分の健康について考える機会が多くなります。

特に代謝が低下したことによる体型の変化や、コレステロールや中性脂肪の値が気になる人も多いです。

過剰なコレステロールや中性脂肪は肥満の原因となり、さまざまな病気を引き起こします。

そうならないために、毎日の生活の中に適度な運動を取り入れたり、野菜を多く食べるようにしたりすることが大切です。

しかし、コレステロールが上がると、具体的にどのような病気が心配されるのでしょうか?漠然とコレステロールが体にとって良くないとはわかっていても、どんな病気にかかってしまうのかご存じですか?

今回は、コレステロール値が上がることによって、かかりやすくなってしまう病気について説明いたします。

日本人の約4人に1人は心疾患や血管系疾患で命を落としています

命

現在日本人は、悪性新生物、いわゆるがんが死亡原因の1位です。

そして、2位が心疾患、3位が肺炎、4位は脳血管の疾患によるものと発表されています。

2位の心疾患は、心筋梗塞や狭心症のことであり、4位の脳血管疾患は、脳梗塞や脳出血のことです。

この二つを合わせると、約4人に1人が命を落とす原因となっています。

約4人に1人というのは、死亡原因1位であるがんに匹敵する割合です。これらの心疾患や脳血管疾患は、動脈硬化が原因で起こる可能性が高いです。

そして、この動脈硬化が進行する主なきっかけは、体内のコレステロールや中性脂肪の数値が高くなったことによるものが考えられるのです。

そのためコレステロールや中性脂肪が高いと指摘された人は、健康のために生活習慣を見直しましょう。

コレステロールが高いとかかりやすい病気って?

不健康

上記でもいくつか病名を挙げましたが、コレステロール値が高いことで起こす病気は多岐に渡ります。

体にとって必要不可欠な脂質であるコレステロールですが、過剰な摂取はまさに百害あって一利なしです。

・動脈硬化
血管内のコレステロールが多くなると、血管壁に入り込みどんどん蓄積されていきます。この溜め込まれたコレステロールが血管を詰まらせたり、動脈硬化の原因となるのです。

しかし、この動脈硬化には自覚症状がほとんどありません。そのため、別名静かなる殺し屋(サイレント・キラー)とも呼ばれている、とても厄介な病気です。

自覚症状がないため、ある日突然脳梗塞や心筋梗塞を起こし、そのまま命を落としてしまう可能性もあるのです。

コレステロールの異常値以外にも、血圧が高かったり、タバコを吸っている人はよりリスクが高いです。

予防するには、定期健診などで数値を指摘されたら、専門医のもとできちんと検査を受けましょう。

・糖尿病
生活習慣病の代表、糖尿病も高コレステロールが原因で発症する場合があります。

食事から摂取した糖質は、血液中に溶けて血糖として体の隅々まで運ばれていきます。この血糖をエネルギーとして使うためには、インスリンが必要不可欠なのです。

しかし、高カロリー食を続けてコレステロール値が高くなると、内臓脂肪が蓄えられ、必要なインスリンの量が多くなってしまいます。その結果、糖尿病を発症する可能性があります。

・胆石症
胆のうやその流れ道に石ができ、強い痛みをともなう病気です。

長期間放っておくと胆のうが炎症を起こしたり、胆のうがんの原因となるため注意しましょう。

体内の余分なコレステロールは、胆汁酸と一緒に肝臓から胆汁へと排出されます。胆汁内にコレステロールが多くなることで、溶けずに固まったものが結石化し、これが胆石となるのです。

・急性すい炎
すい臓が炎症を起こした状態で、背中などに激しい痛みを感じます。コレステロールを摂ることによって、すい臓内の膵液(すいえき)という消化液の働きが促進され、すい臓の組織が溶けてしまうことで起こります。

このように、コレステロール値が高いと全身のいたるところで病気を引き起こす可能性があります。

コレステロール値が気になったら、生活習慣を見直し、健康的な体づくりを心がけましょう。