LDLコレステロールとは?高い原因と下げる時の対処法まとめ

健康診断

健康診断でLDLコレステロール値が高いと指摘されたら、まずどんなことをイメージしますか?

コレステロールが高いのは健康上良くないとの話はよく耳にしますが、実際のところ高コレステロールがどのように体に悪影響なのかよく知らない方も多いかと思います。

今回はLDLコレステロールとはそもそも何か、コレステロール値が高いと起こりやすい病気のリスクをくわしく解説します。

合わせてLDLコレステロールが高くなる原因や、下げるためにやっておきたいことをご紹介しますのでぜひご参考にしてみてください。

1.LDLコレステロールとは?

LDLコレステロールまずはLDLコレステロールとは何なのか、検査でわかることなど基礎的なことをご説明します。

LDLコレステロールについて

LDLコレステロールについてそもそも「コレステロール」は、体の筋肉を作るホルモンの材料や、細胞膜を作ったり胆汁酸の原料になったりと、体に欠かせない機能をサポートする役割を担っています。

コレステロールは、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)、善玉コレステロール(HDLコレステロール)、そしてリポタンパク質(VLDL)の3つで構成されています。

この中でもLDLコレステロールは肝臓で合成されたコレステロールを、血液から全身に運ぶ船のような役割を担っています。

しかし、食べ過ぎや飲みすぎなどの生活習慣などさまざまな原因によって、LDLコレステロールがうまく血管を流れていかず、血管壁にたまってしまうことがあるのです。

細胞に取り込まれなかったLDLコレステロールが血管に留まると、血管が狭まり動脈硬化を引き起こす大きな原因になります。

ちなみにHDLコレステロールは、LDLコレステロールが残したコレステロールを運び出してくれる存在。

つまり、LDLコレステロールが増えすぎても危険ですし、HDLコレステロールが少ない状態でも、後に動脈硬化につながるリスクが高いと言えるのです。

LDLコレステロール値の検査でわかること

LDLコレステロール値の検査でわかること

そんな血中のLDLコレステロールの量をチェックできるのが、血液検査です。

血液検査では総コレステロール、LDLコレステロールとHDLコレステロールをそれぞれ調べられますが、特にLDLコレステロール値が基準値よりも高い、もしくはHDLコレステロールの量が基準値よりも少ない場合は「脂質異常症(高脂血症)」と診断されることがあり、生活習慣の改善が求められます。

動脈硬化は血管の幅が狭まるだけでなく、血管そのものの弾力性も失われた状態です。

血管がゴムのように弾力があれば、血圧が上昇しても血管が伸びたり縮んだりしてスムーズに対応できます。

しかし、弾力性がない血管は血圧の上昇が起きた時に、その負荷に耐え切れずに破裂してしまう原因に!

心筋梗塞や脳梗塞などを発症する可能性も高くなるため、コレステロール値が高いと診断されたら重症化する前に早期の対処が必要なのです。

2.LDLコレステロールの検査はどうやって行うの?

LDLコレステロール値の検査次にLDLコレステロールの算出方法や、基準値(正常範囲)を見ていきましょう。

LDLコレステロールの検査方法

先ほども簡単にご説明しましたが、LDLコレステロールの値を調べるには血液検査を行います。

以前は総コレステロールからHDLコレステロール、中性脂肪の数値を特定の式に当てはめて求めることが必要でした。

しかし、現在では健診の結果表にそのままLDLコレステロールの数値が表記されていることが多くあります。

LDLコレステロールの算出方法

LDLコレステロールの算出方法

ちなみにLDLコレステロールの算出方法の式は次のとおりです。

今ではほとんど結果表に数値が記入されていますが、自分でも意外と簡単な計算式でおおよそのLDLコレステロールを知ることができます。

「総コレステロール-HDLコレステロール-(中性脂肪÷5)」

ただし、この数式は中性脂肪が400㎎/dlを超えている場合は当てはまりません。

それでは、総コレステロールとHDLコレステロールの基準値を見ていきましょう。

男性と女性、さらに女性は年代ごとに基準値に違いがあります。

総コレステロールの正常範囲

総コレステロールの正常範囲

・女性

30〜44歳:145〜238mg/dL

45〜64歳:163〜273mg/dL

65〜80歳:175〜280mg/dL

・男性

151〜254mg/dL

LDLコレステロールの正常範囲

LDLコレステロールの正常範囲

・女性

30〜44歳:61〜152mg/dL

45〜64歳:73〜183mg/dL

65〜80歳:84〜190mg/dL

・男性

72〜178mg/dL

LDLコレステロール・中性脂肪が高いことで起きるリスク

LDLコレステロール・中性脂肪が高いことで起きるリスク

コレステロールは本来体に必要な物質であり、筋肉や細胞膜を作るのに欠かせません。

しかし、食生活や運動不足などの原因でLDLコレステロールや中性脂肪が基準値よりも上だと、動脈硬化をはじめとするさまざまな病気のリスクが高まってしまうのです。

高コレステロール、高中性脂肪によって起こりうる、病気は次のようなものが考えられます。

・動脈硬化

・脂質異常症

・糖尿病

・甲状腺機能低下症

・ネフローゼ

・高尿酸血症

・PAD(末梢動脈疾患)

・胆石症

・腎硬化症

・腎不全

・脳卒中

・脳梗塞

・狭心症

・心筋梗塞

このように、動脈硬化の影響で脳や心臓、腎臓など体の重要な器官に影響が受ける恐れもあるのです。

特にLDLコレステロールが高いと真っ先に起こりやすいのが「脂質異常症」。

脂質異常症は血管中にLDLコレステロールを多く含んだ状態で、いわゆるドロドロ血液の状態になってしまうこと。

血液の流れが悪くなったり、血管が破れたり詰まったりと、脳や心臓の重大な病気につながる恐れがあるのです。

そして基準値よりも低いからと言って、脂質異常症ではないとは断言できません。

LDLコレステロールが高い状態が続くと確実に血管の寿命を縮め、動脈硬化へと発展していってしまいます。

基準値内でも油断せず、普段から食事や運動などの生活習慣の見直しを始めましょう。

ちなみに、LDLコレステロールが基準値よりもいちじるしく低い場合は、肝硬変、甲状腺機能亢進症、バセドウ病の可能性があります。

LDLコレステロール値はどこまで改善するべきなのか

LDLコレステロール値はどこまで改善するべきなのか

LDLコレステロール値が高いと指摘されたら、どこまで改善すべきなのでしょうか?

その人の体調や病歴によって、次のように一般基準が定められています。

・狭心症や心筋梗塞経験者…再発防止のために100㎎/dl未満。

・糖尿病、慢性腎臓病…120㎎/dl未満。

・高血圧、喫煙、高齢者…140㎎/dl未満。

このように、人によっては基準値よりも低いコレステロール値を維持しないと、後に大きな病気につながったり、持病が悪化したりする可能性が考えられます。

もちろん、病歴がなく健康だった人も過剰な飲酒、脂質や糖質の多い食生活など、乱れた生活習慣を続けていると、次の健康診断でいきなり200mg/dlなどの基準値を大幅に超える結果が出ることも十分にありえるのです。

3.LDLコレステロールの値が高い原因について

血液検査それでは、具体的にどんなことが原因でLDLコレステロールが基準値よりも高くなってしまうのでしょうか?

原因を一つずつ解説していきます。

食生活の乱れ

食生活の乱れ

まず高コレステロールの原因で考えられるのが、次のような食生活の乱れです。

・食べ過ぎによる肥満

食事の摂り過ぎによる肥満体型の人は、コレステロールや中性脂肪が基準値よりも高くなりやすい傾向にあります。

実は中性脂肪とLDLコレステロールは密接な関わりがあり、中性脂肪が増加すると小型LDLコレステロールも増えることが明らかになっています。

中性脂肪が増えると脂質の代謝に異常が生じやすくなり、その結果LDLが本来よりも小型化しやすいのです。

小型化したLDLコレステロールは、超悪玉コレステロールとも呼ばれており、血管壁により多くの量が入り込みやすく、しばらくすると血管の周辺の酸化=老化させる原因に。

総コレステロールそのものはさほど高くなくても、中性脂肪が多い肥満体型の人は小型LDLの数が多く動脈硬化を進めやすいリスクもあるのです。

・コレステロールが多い食事

食品の中には多くのコレステロールや、コレステロールを増やす元となる油を含んだものがあります。

成人の1日のコレステロールの摂取量は300㎎が推奨されています。

この量を上回るような食生活を続けていると、LDLコレステロールが増加する原因になってしまうのです。

あわせて読みたい
たったの3週間で96%が実感
LDLコレステロール値が高い人は必見!●●を摂取するだけで数値が改善する方法

コレステロールを多く含む食品は、動物性たんぱく質が中心です。

特にイカやタコ、エビなどの魚介類、フォアグラやあん肝などの内臓系は、高コレステロールの食品として知られています。

干しするめは100gあたり980㎎、あん肝は100gあたり560㎎のコレステロールを含んでおり、血中のLDLコレステロールを増やす原因になります。

そして、もっとも多くのコレステロールを含んでいるのが卵の卵黄部分。

100gあたり1,400㎎ものコレステロールを持つ食品のため、卵や魚卵の摂り過ぎには注意しましょう。

ほかにもバターや、バターを使った洋菓子なども、体内で固まりやすい性質を持つ飽和脂肪酸を含む食品です。

飽和脂肪酸を含む食品の摂り過ぎも、コレステロール値を高めて動脈硬化のリスクを挙げてしまう原因の一つです。

・アルコールの過剰摂取

アルコールの摂り過ぎも、LDLコレステロールを増加させる原因の一つです。

体はアルコールを摂取すると、解毒のために肝臓の機能をフル稼働させます。

すると、その間に摂取した食事に含まれる糖質や脂質の分解が間に合わず、より多くのエネルギーを中性脂肪として溜め込みやすい状態になるのです。

先ほどもご説明したように、中性脂肪が増えればLDLコレステロールも比例して増加します。

また、お酒と一緒に食べるおつまみも、揚げ物や乳製品などの動物性脂肪を含んだものが多くありますよね。

アルコールだけでなくおつまみも合わせて、血中コレステロールを増やす原因になっている恐れがあるのです。

生活習慣

生活習慣

LDLコレステロールは日頃の生活習慣によっても、増加につながる可能性があります。

・運動不足

現代人はデスクワークをしていたり、車移動をメインにしていたり、気づかないうちに運動不足の状態になっている人も少なくありません。

運動不足が続くと筋肉量が減少し、体の代謝も低下していきます。

代謝が低下した状態だと、同じ食事をしてもエネルギーとして消費される割合が減少するため、その分中性脂肪として体に溜め込みやすくなってしまうのです。

結果、肥満やメタボリックシンドロームによって、血中コレステロールも高くなる傾向があります。

・過剰なストレス

日頃受けている仕事や家庭でのストレスは、コレステロール値を高めてしまう原因の一つです。

人は強いストレスを受けると、体内で活性酸素が増加していきます。

活性酸素は体の細胞などの酸化=老化を進ませる原因物質で、その酸化を防ぐ抗酸化力を持っているのがコレステロールです。

ストレスによって体内に活性酸素が蓄積されると、コレステロールが傷ついた細胞を修復しようと働きかけ、コレステロール量のバランスが崩れてしまうのです。

本来なら血液中のLDLコレステロールを回収するHDLコレステロールがうまく働かず、結果的に血中にLDLコレステロールが大量に残る状態になることも。

つまり、食生活に気をつけたり適度な運動をしたりしても、過剰なストレスがかかる環境にいると、血中コレステロールの上昇につながるのです。

・喫煙

タバコを吸うと、血液中のLDLコレステロールが増加し、HDLコレステロールが減少することが明らかになっています。

その理由は、タバコに含まれるニコチンなどの有害物質が、脂質の代謝に関わるリポタンパクリパーゼなどの酵素を不活性化する作用があるため。

つまり、脂質の代謝がうまくいかなくなり、LDLコレステロールが血中に多く残ってしまうのです。

また、喫煙は有害物質のニコチンによって、血管壁を傷つける作用もあります。

高コレステロールもまた、血管の柔軟性を失わせる原因のため、コレステロールが高い上に喫煙をしている人は、さらに動脈硬化が悪化しやすい状態になるのです。

遺伝性のもの

遺伝性のもの

LDLコレステロールが高い人は、両親などの遺伝子が影響しているケースもあります。

この遺伝性の高コレステロールの症状を「家族性高コレステロール血症」と言い、両親、もしくは片親から受け継いだことで起きます。

その発祥割合は約200人~500人に1人と、けっこう高い割合で日本にはおよそ約30万人にも患者がいると言われているのです。

持病による影響

持病による影響

LDLコレステロールはもともとの持病の影響によって、高くなることもあります。

代表的な疾患では、次のような持病があると高コレステロールの症状が出やすい傾向にあります。

・糖尿病

・甲状腺の機能低下

・ネフローゼ症候群

これらの病気がある人のほか、飲んでいる薬の影響でもLDLコレステロールが高くなる副作用が出るものもあります。

ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスの変化

女性の高コレステロールの原因の一つが、更年期に起きるホルモンバランスの変化です。

女性の体は月経周期に合わせて、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌量が変化しています。

しかし、閉経が近づく45歳からの更年期になるとエストロゲンの分泌量が低下していきます。

実はこのエストロゲンの分泌量の低下は、LDLコレステロールの上昇につながることも明らかになっています。

また、筋肉量の低下と相まって内臓脂肪(中性脂肪)も蓄積しやすいため、よりLDLコレステロールの量が増えやすくなるのです。

4.LDLコレステロールを下げるための方法は?

医者LDLコレステロールが一度高くなってしまったからと言って、もうその症状が一生続くわけではありません。

LDLコレステロールの量を減らし、HDLコレステロールを増やすには、日頃の生活習慣の見直しが大切です。

これまでの不摂生を正すことで、基準値内にまでコレステロール値を安定させることも十分に可能なのです。

ここでは、LDLコレステロールを下げるためにできる対策をご紹介します。

コレステロール値を下げる食材をとる

コレステロール値を下げる食材をとる

まずはコレステロール値を下げるために有効な食材を積極的にとりましょう。

特に必要なものが野菜と魚油です。

現代人は特に野菜不足がLDLコレステロール値の悪化につながっている人が多いので、できるだけ野菜はたくさん食べるようにしましょう。

最近では、食生活を大きく変えることなくLDLコレステロールを下げることができる健康飲料などが出ていますので、そのようなものも活用しましょう。

LDLコレステロールを下げ、野菜不足も補えるサンスターの緑でサラナ

 

  • 食物繊維

食物繊維と言えば、便秘解消に役立つイメージが強い成分ですが、コレステロール値の減少にも有効な食品です。

中でも水溶性食物繊維は、腸管内にある胆汁酸やコレステロールをからめとって、そのまま便として排出する作用があるのです。

この胆汁酸とは胆のうから分泌される消化液で、コレステロールを原料に生成されます。

つまり、水溶性食物繊維をとれば胆汁酸が排出され、また肝臓が新しくコレステロールを材料にして胆汁酸を作ろうとするため、LDLコレステロールの減少につながりますよ。

水溶性食物繊維は、こんにゃく、昆布やわかめなどの海藻類に多く含まれています。

ほかにも、水溶性食物繊維そのものを粉末にした商品も販売されているので、普段の食事に加えて補うのもおすすめです。

  • ビタミン類

ビタミンは合計13種類があり、そのうち9種類がコレステロールの減少に一定の有用性を持っていると言われています。

そのため、高コレステロールを指摘された人は、ぜひ普段からビタミンを積極的に摂取しましょう。

なかでもビタミンB群はコレステロールを減少させる脂肪酸や糖の代謝をサポートする効果が期待できます。

ほかにもビタミンCは高い抗酸化力を持つことから、LDLコレステロールの酸化を抑制し血管詰まりが起きるのを未然に予防します。

また、胆汁の主成分でもあるので、コレステロールを原料とする胆汁酸の合成も促す作用がありますよ。

さらにビタミンEも高い抗酸化力を持っており、ビタミンCと同時に摂取することで、より体を酸化から守り、コレステロール値の増加を抑制します。

先ほどもご説明したようにビタミンはとても種類が多く、食事からすべて補うのは厳しいのが現状です。

そこで、ビタミンCにB群などをバランスよく配合したマルチビタミンなどのサプリメントを活用してみましょう。

もちろん、食事からもビタミン類を多く含む緑黄色野菜や柑橘系のフルーツ、豚肉などを意識して食べることも大切です。

  • EPAやDHAを含む食材

青魚に多く含まれるEPAとDHAもコレステロールの減少に役立つ栄養素です。

EPAとDHAは血栓の元になる血小板が固まるのを防ぎ、血液をサラサラ状態に近づけてくれる効果が期待できます。

また、中性脂肪とLDLコレステロールを減らす働きもあり、動脈硬化のリスクを減らすサポートもしてくれるのです。

厚生労働省では1日にEPAとDHAを合計1,000㎎以上摂取することを推奨しています。

しかし、これはマグロの赤身では9人前に相当する量!

毎日目安量を摂取するには、魚を食べるだけでなくサプリメントと併用していきましょう。

  • ポリフェノール

ポリフェノールは活性酸素の働きを抑制し、体の酸化を防ぐ効果が期待できる栄養素です。

さらにコレステロール値の改善や血圧低下にも役立ち、糖尿病や高血圧などの生活習慣病にも役立ちます。

特にチョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、強力な酸化抑制効果を持っていて、LDLコレステロールの酸化予防につながるのです。

実際にお菓子メーカーの明治が行った実験では、チョコレートを毎日継続して食べた結果、LDLコレステロールを増やさず、HDLコレステロールが増えたとの研究結果が報告されています。

参考URL

http://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/news/research.html

  • 大豆イソフラボン

豆腐や納豆などの大豆製品は、LDLコレステロールの数値の低下につながります。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしており、更年期障害の対策効果があることで知られているのです。

先ほどもご説明したように、エストロゲンが減少すると血中コレステロールの増加につながります。

大豆イソフラボンを補うことで、コレステロールの酸化を防ぐ効果が期待できますよ。

また、大豆に含まれる大豆レシチンは、コレステロールのリポ蛋白と結びついて外へと排出する作用があり、血中のコレステロールの減少に役立ちます。

糖質と脂質の摂り過ぎを防ぐ

糖質と脂質の摂り過ぎを防ぐ

LDLコレステロールを減らすには、糖質と脂質の摂取そのものを減らすことも大切です。

特に女性なら更年期以降になると、若い世代よりも代謝が落ちており中性脂肪を溜め込みやすい状態です。

もちろん男性も中年期を過ぎると代謝が落ちてしまうため、若いころと同じ食生活を続けているとコレステロールが上昇する原因になることがあります。

たとえば普段から揚げ物や炒め物、砂糖を使ったスイーツなどを多く摂っている人は、その分中性脂肪やコレステロールを溜め込んでしまいます。

このような料理は控えめにし、あまり油を使わない煮物や蒸し物を中心とした料理を増やしていきましょう。

また、おやつの摂り過ぎも糖質の過剰摂取の原因です。

特に洋菓子は動物性の脂質を多く含んでいるので要注意!

甘いものが食べたくなったら、ビタミンを豊富に含んだフルーツやヨーグルトなどの乳製品がおすすめです。

有酸素運動を取り入れる

有酸素運動を取り入れる

LDLコレステロールは運動不足による肥満も増加する大きな原因です。

溜め込んだコレステロールと中性脂肪を減らすには、エネルギーとして消費されやすい有酸素運動を取り入れましょう。

有酸素運動は、その名前のとおり息が弾む程度の運動によって多くの新鮮な酸素を消費する運動のこと。

具体的にはウォーキングや水泳、サイクリングなどの長時間継続して行う運動を指します。有酸素運動では溜め込んだ中性脂肪がエネルギーとして消費されるため、結果的にコレステロールの減少にもつながります。

その上、運動をすれば基礎代謝も上昇し、筋肉量も増えていくため強度の高い運動でなくとも、太りにくく痩せやすい体質づくりにつながるのです。

有酸素運動は脂肪を燃焼させるため、20分以上継続できるメニューを選びましょう。

適度なウォーキングからスタートし、運動に慣れてきたらジョギングにステップアップするのもおすすめです。

また、室内で行える踏み台昇降やスクワットも、太ももまわりの筋肉を鍛えながらできる有酸素運動です。

雨の日でもできる運動法ですので、なかなか運動が続かない人も継続しやすいですよ。

5.まとめ

まとめ

LDLコレステロールが高くなる主な原因は、食生活の乱れと運動不足です。

なかには遺伝性や持病の影響を受けてコレステロール値が高くなる人もいますが、多くは食生活と運動習慣の見直しによって今よりも減少させることが十分に可能です。

コレステロール値は通常より高くても、特に自覚症状がないためつい放ってしまいがち。

しかし、コレステロールによる動脈硬化が進行すると、最終的に脳梗塞など命に関わる疾患につながる可能性もあるのです。

健康診断で高コレステロールを指摘されたら、ぜひ食事や運動方法を見直して健康的な生活習慣を心がけていきましょう。