悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違い

善玉悪玉

コレステロールは、体内の細胞膜を生成するために必要な成分であり、私たちが生きていく上で欠かせない存在です。

このコレステロールの数値が高いと、さまざまな心疾患や血管系疾患を引き起こし、最悪命を脅かすような病気にかかることもあります。

定期健診の血液検査の項目を見てみると、総コレステロールの他に、LDLコレステロール(悪玉)とHDLコレステロール(善玉)というものがありますよね。

この二つにはどういう違いがあるかご存じでしょうか?

実は、LDLコレステロール(悪玉)が低ければ、健康に問題がないというわけではありません。

今回は、悪玉コレステロールと善玉コレステロールはどう違うのか紹介いたします。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールは何が違うの?

コレステロール

体内のコレステロールは、たんぱく質と合体した「リポタンパク」という存在で血液中を流れています。

このリボタンパクは比重の重さによって大きく4つに分けられているのです。

  • HDL、高比重リポタンパク(high density lipoprotein)
  • LDL、低比重リポタンパク(low density lipoprotein)
  • VLDL、超低比重リポタンパク(very low density lipoprotein)
  • カイロミクロン、乳び脂球(cylomicron)

4つの中で、主にコレステロールを運ぶ役割を担っているのが、HDLとLDLです。つまり、悪玉コレステロールと善玉コレステロールは、リポタンパクの比重の重さが違うのです。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの働きの違い

血管

また、この二つのリポタンパクは全く違う動きをしています。

HDL(善玉)は、血管の壁に溜まっているコレステロールをはぎ取り、肝臓に運ぶ働きがあります。いわば体内の掃除屋であるHDLに対して、LDL(悪玉)は、肝臓に蓄積されたコレステロールを体のあちこちに運んでいるのです。

そのため、体内のコレステロールが多くなると善玉が運びきれなくなり、血管内に残ったコレステロールが壁を塞ぎ、動脈硬化や高脂血症といった症状を引き起こしてしまいます。

このことから、LDLは悪玉コレステロールと呼ばれ、人の体にとってあまり良くないものとされているのです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが大切!

天使と悪魔

この二つのコレステロールの値が基準値から外れていると、体内で悪玉と善玉のバランスが崩れ、さまざまな健康被害を及ぼします。

コレステロールは空腹時に採血をすることで、数値を測定します。

  • 悪玉コレステロール(LDL): 60~139mg/dl
  • 善玉コレステロール(HDL):男性で30~80mg/dl、女性で40~90mg/dl

この基準値から外れた状態のことを「脂質異常症」と言います。

たとえば、悪玉コレステロールが通常よりも多い状態が長引くと、動脈硬化などのリスクが上がってしまいます。また、善玉コレステロールが低すぎると「低HDLコレステロール血症」となり、悪玉コレステロールがどんどん増えていってしまいます。

それによって、動脈硬化が進行し、最終的に心筋梗塞や脳梗塞といった生命に関わるレベルの疾病を引き起こす可能性があります。

毎日の健康を維持するためには、善玉コレステロールと悪玉コレステロール、双方が役割に合わせて、きっちりと働ける環境を整えることが重要です。

動脈硬化を防ぐためには、善玉コレステロールをできるだけ増やす必要があるため、喫煙や過度や飲酒は控えましょう。

アルコールは飲み過ぎることで体内の中性脂肪を増やしてしまいます。また、タバコは善玉コレステロールを減少させる働きがあるため、あまりおすすめできません。

食べ物であれば、コレステロールがたくさん含まれている鶏卵や魚の卵、レバーなどを控え、根菜類や海藻類、豆類を積極的に摂るようにしてみてください。

しかし、悪玉コレステロールが減り過ぎると、血管が弱くなる原因となります。そのため、2つが基準値以内に収まるようバランスを意識してみましょう。

ストレスにならない程度に健康な生活習慣を心がけ、コレステロールとうまく付き合うことが大切です。