中性脂肪が多いとLDLコレステロールが増える?

ダイエット

年を重ねて代謝が落ちると、ダイエットをしても痩せることがなかなか難しくなってしまいます。体型がちょっとメタボになってくると、心配になるのはLDLコレステロールや中性脂肪の数値ですよね。

この2つの数値が高いと、体にとって良くないことはわかるけれど、具体的に何がどう良くないことが起きるのかご存じですか?

今回は、LDLコレステロールと中性脂肪の関係性について紹介いたします。

中性脂肪ってどういうもの?

中性脂肪

中性脂肪は、コレステロールと同じく脂質の一種です。体温を一定に保ったり、体に衝撃を受けた際のクッションの役割も果たしています。

人間が体を動かす際のエネルギーとして消費されますが、摂り過ぎた分は体の脂肪となって肥満の原因となります。

体内の中性脂肪が多いと肝臓にも脂肪がつくことによって肝機能が低下し、肝臓が弱っている状態でお酒を飲んだり、過剰な負担をかけると急性すい炎の原因になります。

また、中性脂肪を蓄えすぎると、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣を引き起こす可能性があるため、脂っこい食事や甘いものの摂り過ぎには注意しましょう。

中性脂肪とLDLコレステロールってどう関係があるの?

コレステロール

中性脂肪が血液中で増えると、脂質代謝に異常が出やすくなり、それによってHDLコレステロール(善玉)が減少しLDLコレステロール(悪玉)が増加します。

体内の内臓脂肪の増加も中性脂肪を増やす原因となりますが、これによってHDLコレステロールと、「アディポネクチン」という成分が減ってしまいます。

このアディポネクチンは中性脂肪を減少させる超善玉物質であるため、減ることによって、より中性脂肪を増加させてしまうのです。

更に超善玉物質が減ると、LDLコレステロールが小型化し、超悪玉コレステロール(小型LDL)になります。

超悪玉は通常の悪玉よりもサイズが小さいため、血管の壁のような狭いところに入り込みやすく、酸化LDLとなりやすいのです。
その結果、中性脂肪が多いほうが動脈硬化のリスクを高くしてしまうのです。

まとめると

中性脂肪が増加

脂質代謝の異常を引き起こす

悪玉が小型化し、超悪玉へと変化する

その結果、超悪玉コレステロールは酸化LDLコレステロールになりやすく、血管壁に浸透することで免疫細胞によって食べられます。

ただし、免疫細胞はその酸化したLDLコレステロールを分解できないため、血管壁にとどまるのです。
そして、動脈硬化のような重大な血管性疾患を引き起こす可能性があるのです。

酸化LDLコレステロールのデメリットについてはこちらも参照して下さい↓
酸化LDLが動脈硬化の原因

超悪玉コレステロールを減らして動脈硬化によって起こる血管性疾患を防ぐためには血中の中性脂肪を下げる必要があります。

2つの数値の異常による「脂質異常症」の怖さって?

診断

血液中にLDLコレステロールが増えるか、HDLコレステロールが減るか、中性脂肪が増えた場合に脂質異常症と診断されることがあります。

その基準値は以下となっています。

  • LDLコレステロール 140mg/dl以上
  • HDLコレステロール 40mg/dl未満
  • 中性脂肪 150以上

※全て空腹時の値。

血液検査の項目の中で、このどれかが当てはまる場合は「脂質異常症」という状態です。なかでも、LDLコレステロールと中性脂肪が基準値よりも高いことを「高脂血症(高コレステロール血症)」と言います。

いわゆる「血液がドロドロ」の状態です。

エネルギー源として使われなかった中性脂肪は、肝臓や全身の脂肪細胞に蓄えられています。この脂肪細胞内の中性脂肪が分離し、血液内に流れることで血管の壁に付着してどんどん溜まっていってしまいます。

また、体内のコレステロールは8~9割が肝臓から作られており、脂肪分と結合したたんぱく質によって血液中に運ばれていきます。

このLDLコレステロールの量が多いと、中性脂肪と同じように余剰分が血管に貼り付き、動脈硬化を起こしてしまうのです。

動脈硬化が進行すると最終的に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞といった命に関わる病気を引き起こすため、脂質異常症と診断されたら、まずは生活習慣を見直しましょう。

脂質異常症を改善するために何をすべき?

脂質異常症を改善するために、血液をサラサラにするには、毎日の食事に気を配り、血管の老化を促進するタバコをやめることをおすすめします。

コレステロールを下げる薬に頼るだけでなく、早寝早起きを心がけ体の内側からきれいにすることが大切です。

また、中性脂肪はLDLコレステロールと密接な関係があるため、コレステロールの値が気になったら肥満解消のため、生活の中に運動を取り入れましょう。

こうした生活パターンの変化が、血液検査の数値の減少につながります。

生活習慣を見直してコレステロール値を下げる方法については以下2つのページを参照して下さい。↓
・コレステロールを下げる方法のまとめ
・コレステロールを下げる食品のまとめ