酸化LDLが動脈硬化の原因

血液中

毎日できるだけ健康に過ごしたいと思っても、ついお酒を飲み過ぎたり暴飲暴食をしてしまう時がありますよね。

そんな不摂生が続いていると、肥満気味になって血液検査でコレステロール値の異常を指摘される原因となります。

コレステロールの値が高くなると、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる病気を発症する可能性があります。

また、コレステロールが高いと動脈硬化などの疾患のリスクが高まることは有名ですが、どうして病気を引き起こすかご存じでしょうか?

今回は、酸化LDLが動脈硬化の原因になる理由について解説いたします。

酸化LDLってどういうもの?

LDLマン

私たちの体を流れている血液には、コレステロールや中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸などの脂質がひとつの塊として存在しています。

この塊を「リボタンパク」と言い、LDLコレステロール(悪玉)はリボタンパクの中の一つです。

LDLコレステロールが血液中に多くなると、いわゆる「ドロドロ血液」に変化し、血液の流れを悪くする原因となります。数が増えすぎたLDLは、行き場を失い、最終的には動脈の壁にもぐり込んでしまいます。

血管の壁は血液中よりも、体の酸化を促進する「活性酵素」が多いため、LDLが酸化して「酸化LDL」に変化してしまうのです。

動脈硬化ってどういう状態のことを言うの?

臓器不調

この酸化LDLは、体にとって異物であり、免疫機能が働きます。すると、白血球が血管壁に入り込み「マクロファージ」に変化することで、LDLコレステロールを食べようとするのです。

そして、マクロファージはLDLコレステロールを食べることで、まるで泡のような細かい形状である「泡沫細胞」に変化し、これらが血管壁に蓄積されることでコブのように盛り上がり、血管の内部を狭くする原因となります。

この血管内が狭まった状態のことを「アテローム(粥状)硬化」と言い、私たちがよく耳にする動脈硬化のことを指します。

血管内にできたコブを放っておくと、最後には破裂してしまいます。破裂したところには、やがて血栓という血のかたまりが形成されていきます。

この血栓が血管の内部をふさぐことで、血流の流れが完全に止められます。

また、血栓が血流によって脳や心臓にまで流されて、細い動脈に入り込んでしまうことがあります。それによって脳梗塞や心筋梗塞といった、重大な疾病を引き起こす可能性があるため注意しましょう。

酸化LDLを増やさないためにできること

レモン

このように、さまざまな病気を引き起こす怖い酸化LDLを増やさないようにするには、どのような対策をすればいいのでしょうか?

まず一番は、「抗酸化作用」が含まれた食材を積極的に摂るということです。この抗酸化作用とは、酸化の原因となる活性酵素を抑制する成分です。

抗酸化作用は、以下のような3つに大きく分類されます。

  • 水溶性抗酸化成分:血液や細胞膜の内側といった体内の水性部分に存在している。
  • 脂溶性抗酸化成分:たいていの脂質の細胞膜内に存在している。
  • ポリフェノール:水性と脂質の中間的な存在。

抗酸化作用を含む食材はさまざまなものがありますが、その中でも優秀な成分は「ビタミンC」です。

ビタミンCは抗酸化作用が特に強く、酸化LDLの増加を抑制する働きがあります。キウイやイチゴといった柑橘類に多く含まれており、美肌を作るとして女性にも人気が高い成分です。

また、このビタミンCとの相乗効果によって、より強い抗酸化作用を発揮するのが「ビタミンE」です。別名若返りのビタミンとも呼ばれており、細胞を若返らせることで血管の老化を防ぎます。

血流を良くする働きもあるため、ビタミンCと一緒に積極的に摂るようにしましょう。

かぼちゃなどの色の濃い野菜、ピーナッツなどのナッツ類に多く含まれています。

このように、酸化LDLは体にとって百害あって一利なしといえる成分です。

酸化LDLが増えると、心疾患や血液系疾患の原因となるため抗酸化作用を含んだ食材を食べることをおすすめします。サラサラ血液の血管美人を目指し、動脈硬化を防ぎましょう。