緑茶の成分カテキンがLDLコレステロールを下げる効果あり!

普段の飲み物で砂糖が入った缶コーヒーや清涼飲料水などばかり飲んでいませんか?
これらの飲料を飲み続けていると糖分を多く摂取することになり、中性脂肪も増えてしまうので、これらのドリンクに変わり、お茶を飲むようにしてみましょう。

緑茶にはコレステロールに効果的な成分が含まれています。
それはカテキンです。

緑茶カテキンの脂質を減らす働き

この緑茶カテキンは緑茶の成分全体の8~15%を占めていて、ちょっと苦い味を醸し出す役目を持っています。

緑茶の葉

カテキンの働きの中でも重要なものが、血中の脂質を減らしてくれる働きです。
LDLコレステロールや中性脂肪を下げてくれるんです。

お茶で有名な伊藤園さんによると、東北大学大学院、静岡県立大学大学院との研究の結果、カテキンはホスファチジルコリンとくっつく事でコレステロールが溶解しなくなることがわかっています。

そのため、コレステロールの体内への吸収が抑えられるために血中コレステロールの値を下げることが出来るという事になります。

カテキンを体に取り入れることによりコレステロールの量を減らせるといっても、HDLコレステロールの値が減ったらどうしよう・・・と気になる人もいるかもしれません。

ですが、カテキンの場合、LDLコレステロールのの数値が減ったとしても、HDLコレステロールには影響がないという特徴もありますので、コレステロールのバランスを保つために役立つ成分となります。

緑茶には抗酸化成分も含まれている

緑茶の中にはカテキンだけでなく、各種抗酸化ビタミンであるビタミンA,ビタミンC,ビタミンEが含まれています。更に、エピガロカテキンガレートという成分がビタミンCよりも10倍抗酸化力が高く、ビタミンEの20倍抗酸化力が高いんです。

これらの抗酸化成分がLDLコレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防してくれる役割を担ってくれるんです。

おすすめは食事の時に1杯

緑茶を入れているところ

もし、HDLコレステロールよりLDLコレステロールのほうが高かったという方の場合、まずはカテキンを含むお茶を味方につけましょう。
とはいってもたくさん一気に飲むといった方法は効果的ではありません。

目安としては、毎日、朝、昼、晩と3食、食事をしますよね。
この3回の食事の時に200mgのカテキンを摂取するという方法が良いでしょう。

カテキンを多く含むお茶を利用するといった方法もありますが、出来たら通常、飲んでいる緑茶からも摂取できたら良いですよね。

大体、目安としては普通の緑茶で3杯分でカテキンが200mg摂取できます。
抹茶の場合は小さじ1杯分になります。

通常の食事にプラスするだけといった方法で手軽に摂取できるので、是非、コレステロール対策で取り入れるようにしてみましょう。