紅茶に含まれるテアフラビンの抗酸化作用で、LDLコレステロールの酸化を抑制

紅茶仕事の合間や午後のお茶-なんだかほっとできる時間を作るのは適度にストレス解消にもつながるので必要ですよね。
その時、皆さんはどのような飲み物を飲んでいますか?
多くの場合、お茶やコーヒー、紅茶となると思います。

コーヒーや紅茶などはどちらも香りがよく、リラックスした気分になれますよね。
コーヒーも良いのですが、実はコレステロールを気遣う人にとっては紅茶がおすすめなのをご存知でしょうか。
紅茶はどのような効果が期待できるのか、ご紹介していきます。

紅茶は発酵させているお茶です

紅茶紅茶はあの香りのよさ、そしてきれいな色が特徴です。
ですが、元々の茶葉は緑茶と同じ茶葉を使用しています。

緑茶と紅茶の違いは発酵しているか、していないかになります。
茶葉をもみこんでから一定の温度、湿度の環境下で発酵させます。
その後、乾燥させて紅茶が出来上がります。

茶葉をもみこませる事で茶葉には多くの傷がつき、傷から出てくるポリフェノールと茶葉の酵素によって発酵がすすんでいくのです。
紅茶には複数のポリフェノールを含んでいますが、その中でコレステロール対策に役立つのがテアフラビンになります。

テアフラビンは緑茶などには含まれていません

茶葉テアフラビンは元々の茶葉に含まれているカテキンが発酵することによって出来たポリフェノールになります。

わかりやすくいうと、紅茶をいれるときれいな色がつきますよね。
それがテアフラビンです。
茶葉が発酵することで出来る二次ポリフェノールなので、緑茶には含まれていないのです。

このテアフラビンは抗酸化力がとても強いです。
殺菌力もあるため、風邪やインフルエンザの予防にもつながるのではと期待されています。

テアフラビンとコレステロールの関係

医者テアフラビンの抗酸化力は当然、LDLコレステロールにも効果的に働いてくれます。
LDLコレステロールは酸化する、しないで体に出てくる影響が違ってきます。
酸化LDLコレステロールに変化してしまった場合、血管の壁内に入り込んでしまうといったリスクがあるので、動脈硬化になる可能性が高くなります。

ですが、テアフラビンによって酸化LDLになることを抑え、動脈硬化の予防につながります。

そして、コレステロールの数値自体を下げる働きもあるのです。
この下げ方にも特徴があります。

コレステロールの酸化を防ぐといってもHDLコレステロールのような善玉コレステロールには影響せず、LDLコレステロールといった悪玉コレステロールだけを下げてくれます。

アメリカの農務省の依頼で行った研究結果では、毎日、紅茶を飲むのを3週間、続けたところ、LDL濃度が7-11%減ったという事がわかっています。
その一方、HDLの濃度には影響がなかったという結果です。

よって、HDLは減らずにLDLのコレステロールにだけ作用してバランスを整えてくれるということですね。

適度に飲む習慣を!

紅茶のテアフラビン、是非、摂取したいですよね。
このポリフェノールをコレステロール対策に利用したいのであれば1つ、抑えておきたいポイントがあります。

それは抗酸化力についてです。
ポリフェノールの抗酸化力の効果は摂取してから約3時間ぐらいで無くなってしまいます。
その為、ポリフェノールを一度にたくさん摂取したり、たまに摂取するという方法ではあまり効果的ではないという事がわかると思います。

そこでおすすめとしては1日に数回、ポリフェノール摂取をするという事です。
紅茶の場合、手軽にいれる事が出来るのでたまに飲むという方法が適しています。

テアフラビンは生活習慣病対策に最適!

テアフラビンはコレステロールだけに効果があるわけではありません。
他にも、糖尿病に対しての血糖値を抑える効果や、中性脂肪の減少にも役立ちますので、トータルで考えても生活習慣病の対策に役立ってくれるのです。

手軽に購入できる紅茶で生活習慣病の予防を!

紅茶は専門店で購入できるほか、手軽なものではスーパーでティーバッグでも売られています。

よく、緑茶をいれる時にカテキンがたくさん抽出されるからといった理由で高温のお湯で淹れると思います。
ですが、紅茶の場合は若干、適した温度が違います。

紅茶の場合は95度ぐらいのほうが色や香りがよく出るのです。
目安としては沸騰する直前あたりになります。
沸騰してからちょっと冷ますという方法だと、温度的には良いのですが、沸騰することで酵素が無くなってしまうので、ポットに入れてから抽出に関連する茶葉が動く動作(ジャンピング)をしにくくなってしまいます。

他のポイントとしては出来れば軟水を使う、お湯を注ぐ時は高い位置から注いで茶葉をジャンピングさせると良いでしょう。

お湯を注いでから3分ほど蒸らしてから茶葉を取り出し、(放置すると苦くなります)飲んでみましょう。
健康面を考えると砂糖やミルクは入れずにストレートで飲む習慣をつけると良いです。

定期的に、そして継続的に飲むことで効果が期待できますので試してみましょう。

紅茶に含まれるテアフラビンの抗酸化作用で、LDLコレステロールの酸化を抑制 はコメントを受け付けていません。 コレステロールを下げるお茶