タバコはLDLコレステロールを増やす?

タバコ

健康的な生活を心がけようと思っても、なかなかやめられない生活習慣はありませんか?

暴飲暴食やお酒、そして喫煙はさまざまな健康被害を生み出します。禁煙しようと思っても、習慣になっているとタバコをやめることは簡単にはいきません。

しかし、喫煙はLDLコレステロールが増える原因となるのです。LDLコレステロールが体内で増えると、心筋梗塞といった命に関わる病気にかかる可能性もあります。

今回は、そんなタバコとLDLコレステロールの関係について紹介いたします。

タバコを吸うとLDLコレステロールが増えるって本当?

禁煙

タバコを吸うと、体内の血液の流れが悪くなることは有名ですよね。タバコに多く含まれているニコチンという成分は、LDLコレステロールを増やしHDLコレステロールを減らす働きがあるのです。

血液中の中性脂肪の生成を促進する効果もあるため、ドロドロ血液を生み出す原因となるのです。

またニコチンには、緊張やストレスを感じている時に働く交感神経を刺激するという作用もあります。

それによって心臓の動きが活発化し、血圧を上昇させることによって心拍数が急激に上昇してしまうのです。

そして、体内にタバコに含まれたニコチンやタールのような有害物質が入ってくると、防御反応として活性酵素が大量に発生します。

この活性酵素は、LDLコレステロールを酸化させ「酸化LDL」を生み出してしまいます。

酸化LDLは健康な血管の壁に傷をつけます。それによって血管が本来持っている血管拡張作用が損なわれ、血管年齢が高くなります。

血管をゴムに例えるとわかりやすいです。新しいゴムは縦にも横にも自在に伸縮することができますが、酸化が進み古くなったゴムを無理に伸縮させようとすると途中から裂けたり切れてしまいますよね。

これが血管に起こるとどうなるでしょうか。伸縮しない血管に負担がかかると、やがて破裂の原因となります。

もし血管が破裂した場所が脳であった場合、脳出血や脳梗塞といった重大な病気を引き起こす可能性があるのです。

タバコによる健康への影響

肺

タバコによる影響はそれだけではありません。

タバコのニコチンやタールには、血液中の血小板を凝固させるという働きがあるのです。

本来はなめらかである血小板の表面をいびつに変形させ、それによって血小板同士がくっつきやすくなってしまいます。

この血小板は、ケガなどをして血管に傷がついてしまった際にすみやかに修復する役割があります。しかし、どこにも傷がないのに凝固した血小板が血管壁にはりつくと、結果として血流が悪くなるのです。

それによって、血管の幅が狭まり、最終的には動脈硬化の原因となる可能性があります。動脈硬化を長期間放っておけば、ある日突然発作を起こして取り返しのつかないことになりかねません。

たとえば、心臓を動かしている心筋に血液を送っている冠状動脈が動脈硬化によってふさがれると、狭心症や心筋梗塞を起こします。

普段運動不足気味な人が、突然運動をしたりすると、この冠状動脈に強い負荷がかかり、胸に痛みを感じるような発作が出る可能性があります。

そうした症状が現れた際には、すみやかに専門医を受診するようにしましょう。

1日に数本吸うだけでも、心疾患などの病気のリスクは上がります。また、自分がタバコを吸わなくても、家族や職場の人の中に喫煙者がいるという場合は副流煙が心配されます。

家族や周囲の人の健康のために、また自分自身がこうした被害を受けないように、周囲の人にも禁煙を促すことをおすすめします。

実際に、毎日10本以上の喫煙を続けている人は、くも膜下出血のリスクが通常の3~4倍。咽頭がんにいたっては33倍もの発がんリスクを背負っているのです。

血液や血管は、毎日の新陳代謝によって日々生まれ変わっています。

禁煙を続けることで、体内の有害物質が少しずつ浄化され、健康な体へと近づいていきます。LDLコレステロールを増やさないためにも、できるだけ早く禁煙を実行しましょう。