コレステロールとは?複数の種類のコレステロールについて解説!

コレステロールとは、人間の体に存在する脂質であり、体を作るためになくてはならない材料です。コレステロール

具体的には、骨や筋肉を構成する細胞膜の材料であり、体を調節するホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなど)を作るための材料となります。

また、食事の消化吸収を助けるために肝臓から出る胆汁酸の材料でもあります。

このようにコレステロールは人間の体にとってなくてはならないものですが、血液中に増えすぎた場合は注意が必要です。

HDLコレステロールとLDLコレステロール

コレステロールには善玉コレステロール(正式名称HDLコレステロール)と、悪玉コレステロール(正式名称LDLコレステロール)の2つがあります。人の体の中の各細胞は血中に流れてくるLDLコレステロールを必要とするのですが、この量が細胞の必要量をオーバーすると、余ってしまいます。
その分が血管の内壁に溜まっていくと動脈硬化を引き起こし、重大な病気につながる原因となります。これが、LDLコレステロールが悪玉コレステロールと呼ばれる理由です。動脈硬化逆に、HDLコレステロールは血液に乗って体内を巡り、この余ったコレステロールを回収する役割を担っています。
回収されたコレステロールは肝臓に持ち込まれ、排出または再利用されることになります。

HDLコレステロールは血管壁の余分なコレステロールを回収することによって動脈硬化を防ぎ、血液の流れをよくしてくれます。

そのため、HDLコレステロールは善玉コレステロールとも呼ばれます。

正常な血管

つまり、血液中にLDLコレステロールが増えすぎたり、HDLコレステロールが極端に減ったりしていると動脈硬化につながるおそれがあるんです。

このLDLコレステロールや、HDLコレステロールの数値は会社や病院で行われる健康診断の血液検査で調べることができます。

各コレステロールの正常とされる範囲(基準値)は

・LDLコレステロール・・・空腹時65~139mg/dl

・HDLコレステロール・・・空腹時40~95mg/dl

となっています。上の範囲にコレステロール値の値が収まっているのであれば、問題はないということです。

逆に、コレステロール値が以下の2つの値のどちらか1つにでも該当した場合、異常とみなされ対策が必要とされます。

コレステロール値が異常とみなされる範囲

・血中のLDLコレステロールが基準値よりも高い(空腹時140mg/dl以上)場合、脂質異常症の一つの、高LDLコレステロール血症と診断される。

・血中のHDLコレステロールが基準値よりも低い(空腹時40mg/dl未満)場合低HDLコレステロール血症となり、こちらも脂質異常症と診断される。

どちらの場合も動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などの虚血性心疾患につながりやすくなるのでお医者さんからレッドカードが出されるわけです。

まとめると、コレステロールが異常だと診断された場合は、悪玉(LDL)コレステロールを下げ、善玉(HDL)コレステロールを上げる対策をする必要があるんです。

LDLを減らしてHDLを増やすなんて同時にできるの?って思う方もおられるかもしれません。

基本的にこのページに書いてあることを行えば、HDLコレステロールとLDLコレステロールの対策を同時にできます。

・血中の中性脂肪の数値もコレステロール対策のために重要

また、血中の中性脂肪も基準値よりも高い(空腹時150mg/dl以上)と血中のHDLコレステロールが減ります。

更に、脂質異常症の一つである、高トリグリセリド血症と診断され、治療を余儀なくされます。

放っておくと脂肪肝やメタボリックシンドロームなどの大きな病気にもつながってしまいます。

つまり、コレステロールの対策をする場合は、血液中の中性脂肪も上げすぎないようにする必要があるんです。