ウーロン茶のポリフェノールが悪玉コレステロールの減少、抗酸化に効果あり!

ダイエットに利用する飲み物として、黒烏龍茶という飲み物を知っている人は多いのではないでしょうか?

実は普通の烏龍茶にもコレステロールを下げる効果があります。

今回はそんな烏龍茶のコレステロールを下げる効果について紹介していきます。

ウーロン茶はあのお茶と同じ茶葉!?

烏龍茶

ウーロン茶というと中国茶というイメージが強いですね。
そして、脂っこい料理と一緒に飲むと良いといった話も聞いた事があると思います。
中華料理などは調理の際に油を多く利用しているイメージも強い事から効果がありそう!という事で一時期、ダイエット効果があると注目され、ブームになった事もあります。

もともと、昔、中国では皇帝に献上していたお茶として知られています。

そういえばウーロン茶は私たちが普段飲んでいる緑茶とも多少、関係があります。
それは発酵具合の差です。

緑茶は茶葉を発酵させずに加工されています。
ウーロン茶は緑茶と同じ茶葉を半発酵させています。
そして紅茶やプーアル茶は緑茶と同じ茶葉を発酵させているのです。

このお茶の発酵は茶葉に含まれる酵素により発酵していきます。
先ほどもお話したように半発酵茶となりますので、途中で発酵を止めるタイミングというのが重要になってきます。
この発酵具合で色や香りに違いが出てくるお茶です。

このウーロン茶に含まれるポリフェノールがコレステロール対策に有効な成分となります。

ウーロン茶のポリフェノールはちょっと別

よく、緑茶のカテキンがコレステロールに効果があるといわれていますよね。
カテキンは渋み成分になりますが、コレステロールの吸収を抑え、LDLコレステロール自体を減らす効果があるといわれています。

緑茶と同じ茶葉を半発酵させているウーロン茶ですが、この発酵の段階でカテキンが集まって結合していきます。
この結合したカテキンは他のお茶では見られないのでウーロン茶ポリフェノールといわれています。

ウーロン茶ポリフェノールはどのような効果があるのか?

先ほどもお話したようにウーロン茶のカテキンはたくさんのカテキンが集まっている状態なのでカテキンよりも大きく、小腸で吸収されにくいといった特徴があります。
そして、小腸内にあるコレステロールと中性脂肪を吸着して体の外に排出する働きがあります。

ただ、ウーロン茶ポリフェノールの場合、体内のコレステロール全体までは効果が期待できませんので、食事内容に注意しつつ、ウーロン茶を飲むという方法がおすすめです。

ウーロン茶ポリフェノールがコレステロールの酸化を防ぐ!

ウーロン茶に含まれるポリフェノールは抗酸化作用がとても強い事が知られています。
その為、LDL(悪玉)コレステロールに対し、酸化しにくい効果があることがわかっています。
正確には「酸化しない」ではなく、「酸化に至るまでの時間が長くなった」という結果になります。

LDLコレステロールは酸化することで動脈硬化の原因になるとも考えられています。
つまり、ウーロン茶ポリフェノールのおかげで動脈硬化の予防にもつながる事が期待できるのです。

ポイントを押さえて飲んでみましょう

ウーロン茶を入れたティーカップ

ウーロン茶ポリフェノールが多く含まれたお茶を購入するのも良いですが、今では茶葉も手軽に購入できますよね。
ですが、ウーロン茶を飲む時に本格的な淹れ方だと大変そう、というイメージをお持ちだと思います。

ポイントとしては
・急須をお湯で温めてから一度、お湯を捨てる
・茶葉を入れてから一度、お湯を注ぎ、すぐに別の容器に移します。
湯飲みに一度、移して同様に温めておいても良いです。
・その後、高い位置からお湯を再び注ぎ、蓋をして1分ほど蒸らしてから湯飲みに注ぎます。

そしてもう一つ、覚えておきたいポイントは「高い温度」です。
目安としては100度ぐらい、ちょうど沸騰する温度になりますのでわかりやすいですね。
淹れるお湯は高い温度のほうがウーロン茶ポリフェノールが抽出しやすくなります。

コレステロール値が気になる方はウーロン茶を飲むようにしましょう

ウーロン茶のポリフェノールの力、とても頼もしいですよね。
他にも小腸でブドウ糖を吸収されるのを抑える効果もあるため、血糖値が上がる対策にもなり、糖尿病の予防にもつながります。

このように考えるとウーロン茶は脂質異常症や糖尿病、そして動脈硬化といった生活習慣病を予防したい、改善したいという人にとって是非、取り入れてほしいお茶になります。

ウーロン茶のポリフェノールが悪玉コレステロールの減少、抗酸化に効果あり! はコメントを受け付けていません。 コレステロールを下げるお茶