お酢にコレステロールの酸化を防ぐ効果あり

お酢夏、暑さで体がだるいなと思った時、そして色々と忙しくてちょっと疲れがたまってきたかなという時に、疲労回復をする目的でお酢を摂取する人が多くいます。
これはお酢によるクエン酸によって疲労回復効果があるからです。

また、元からお酢が好きで飲んだり食事に取り入れたりという人はお酢の健康効果を実感できているかもしれません。

そんなお酢ですが、日ごろから「コレステロールの数値が高い」と悩んでいる人にとっても有効なのをご存知でしたでしょうか?

お酢で出来るコレステロール対策

酢の物お酢に含まれるクエン酸、これが活動エネルギーに関係するクエン酸サイクルの働きによって脂肪燃焼をしやすい体にしていきます。

脂肪燃焼をするようになると体の中性脂肪がエネルギーとして使われ、余分な中性脂肪は減っていきます。
中性脂肪の増減はLDLコレステロールにも比例していきます。
中性脂肪が増えるとLDLコレステロールが増える、そして中性脂肪が減るとLDLコレステロールも減るという事です。

抗酸化力が高いお酢

血液そしてもう一つ、お酢の健康効果で注目したいのが抗酸化力が高いという事です。
LDLコレステロールは活性酸素と一緒になることで酸化LDLと姿を変え、小さくなることで血管の壁の中に入り込むことが出来ます。
血管に入り込んだ酸化LDLとマクロファージが戦った後で血管の壁に残骸が残り動脈硬化になるのです。

お酢はコレステロールの酸化を遅らせる働きがあります。
その結果、酸化LDLになるリスク、その後の動脈硬化になるリスクも少なくなる可能性が出てくるのです。

アミノ酸の力でコレステロールを下げる!

医者お酢にはたくさんのアミノ酸が含まれています。
このアミノ酸ですが、中性脂肪を減らし、HDLコレステロールを増やしてLDLコレステロールを減らすといった働きがあります。

このように詳しく知るとお酢の力ってすごいですよね。
ですが、今、市販のお酢はたくさんの種類が販売されており、どのお酢を買えば良いのだろう?と思うかもしれません。
そこでいくつかご紹介していこうと思います。

おなじみの穀物酢、米酢

穀物酢は市販のお酢の中でも比較的安く手に入れやすい商品です。
麦、米、とうもろこしなどから作られています。

一方、米酢はお米にアルコールを加えて作られています。

両者とも料理などでたくさん使う時に利用される事が多いです。
ただ、酸味が強いため、この穀物酢や米酢だけを飲むという方法で利用している人は少ないようです。

健康を気遣う人向けの黒酢

黒酢は色的に「黒糖でも使っている?」と思ってしまいがちですが、米酢の仲間です。
材料も玄米と麦になり、独特な色も商品によっては1年以上といった長期間発酵した事によって色が濃くなってきます。

先ほどの穀物酢に比べるとアミノ酸の量が多いです。
100mlで比較してみると
穀物酢 約50~80mg
黒酢  約600mg
といった具合に6倍以上も違うことがわかると思います。
このため、生活習慣病対策のサプリメントでは黒酢を利用した商品が多く販売されています。
もし、コレステロール対策でお酢を利用したいという場合、黒酢はおすすめです。

調理につかえるバルサミコ酢

バルサミコ酢はイタリアで作られているお酢です。
味が濃厚で、料理の仕上げやアクセント的に使用される事が多いです。
ぶどうとカラメルから作り、木の樽の中で発酵させています。

この作り方でピンと来た方もいると思いますが、ぶどうを皮や種も一緒に煮詰めて作られています。
つまり赤ワインのようにポリフェノールが豊富なお酢です。
日本人にとって比較的おなじみの黒酢がありますが、ポリフェノールの量だけで比較すると黒酢の3倍以上あるともいわれています。

量も少なく、お値段も比較的高いので、肉料理や魚料理のアクセントとして、そしてサラダのアクセントに、また、最近ではバニラアイスの上にトッピングするという方法で利用している人が増えています。

コレステロール対策で利用してほしいお酢の1つになります。

栄養豊富なもろみ酢

沖縄などで作られているお酢です。
タイ米、黒麹菌が主な材料なのですが、詳しくは泡盛を作っている際に出た搾りかす(酒粕)からアルコール分をとって作られているお酢です。

アミノ酸やクエン酸が多いのですが、酸味が少なめなので比較的、飲むといった利用法にも使えるお酢になります。

ヘリオス酒造の発表によるとコレステロール値が高めの人12人に5週間、もろみ酢を飲んでもらったところ、コレステロール値および、LDLコレステロールの値も減少した事がわかっています。

継続的に摂取してみて下さい

このようにいくつかお酢をご紹介してみたのですが、黒酢、もろみ酢、バルサミコ酢あたりを飲んだり摂取するのがおすすめだということがわかったと思います。

  • 大さじ1杯が目安量
  • 毎日続ける

というのがポイントとなります。
お酢を摂取することでコレステロール値は下がりますが、摂取をやめると元に戻ることがわかっています。
その為、続けやすい方法でお酢の摂取を続ける事でコレステロールの数値を効果的に下げることが期待出来ますので試してみて下さい。