ヨーグルトがコレステロールを下げる効果ある?どんなヨーグルトを食べればいいの?

ヨーグルトコレステロール値が高いと気にしている場合、食事内容に気を使っているという人も多くいます。
コレステロールを下げるようにしたいようであれば、良く知られているポイントとして、

 

 

 

  • 野菜などの食物繊維を多く摂取する
  • EPA、DHAを含む青背魚を積極的に食べる
  • 納豆を食べてナットキナーゼを摂取する
  • 緑茶のカテキンを摂取する
  • お茶類やワインのポリフェノールを摂取する
  • クエン酸を摂取する

などを実践すると良いです。

摂取したい食品などを意識しつつ、その一方で控えたい食品も出てきます。

  • 乳製品
  • 魚の卵など
  • レバー
  • 飽和脂肪酸を多く含む加工品

など、コレステロールを上げるといわれている食品もあるのです。

ヨーグルトなどは一般的に体に良いといわれているけど、コレステロールが増える乳製品という事で良くないと思って控えている方もいるでしょう。
実際のところはどうなのでしょうか?

乳製品のコレステロール

ヨーグルトヨーグルトは乳製品なので確かに乳脂肪分を含んでいますが、コレステロールの量はそれほど多いわけでもありません。

3つの食品を比較してみましょう。

  • 鶏卵 一個につき210mg
  • 普通の牛乳200gのパックで25mg
  • プレーンヨーグルト100gで12mg

となっています。
この数値で比較するとそれほど高いわけでもありませんし、摂取量が異常に多くない限りは問題ではないでしょう。

あわせて読みたい


ヨーグルトでコレステロールが下がると言っても、毎日買うのは意外と大変ですしお金もかさみます。毎日無理なく続けられる3週間で96%の人が改善した コレステロール値改善法を紹介します。

腸内環境とコレステロール

ヨーグルトそして、プレーンヨーグルトは乳酸菌を利用して発酵させている発酵食品になります。
実は乳酸菌はコレステロールの排出に役立っており、コレステロール値が高い人は腸内環境上、乳酸菌が少ないともいわれています。

肝臓にあるコレステロールを利用して胆嚢で胆汁酸が作られ腸内へ行きます。
乳酸菌は胆汁酸を体の外へ排出する役割があるのです。
その為、再び肝臓内のコレステロールを使い胆汁酸を作り、腸内で再び乳酸菌が胆汁酸を排出するという流れでコレステロールの代謝が促進されるということになります。
結果として、余分なコレステロールが蓄積されることが無くコレステロール値が下がる事につながるのです。

乳酸菌の種類はとても豊富

お医者さんヨーグルトで使用されている乳酸菌は種類がとても多く、中には会社独自で採用している乳酸菌もあります。
その中でも注目しておきたい商品をご紹介します

カスピ海ヨーグルト
カスピ海ヨーグルトは一時期、注目されてから知名度が上がっているヨーグルトです。
カスピ海ヨーグルトにはGCL1176という乳酸菌が使われています。
ヨーグルトのとろみを出しているのもGCL1176のおかげです。
GCL1176にはコレステロールを下げる効果があるといわれています。

「グリコ おいしいカスピ海 特選生乳100% 400g」はGCL1176が入っているヨーグルトです。
「フジッコ カスピ海 ヨーグルト プレーン400g」も、GCL1176と同じ仲間に当てはまるクレモリス菌FC株を採用しています。

N-1株を使用したヨーグルト

通常、乳酸菌は酸に弱く、胃酸によって大部分が死滅してしまうことが分かっています。
ところが、N-1株の場合、胃酸でも死ぬことが無く、生きたままの状態で腸内に到達できる菌です。
動物実験の段階ではコレステロールが上がらない事が分かっています。
N-1株はラクトバチルス・カゼイ・N-1株の略称です。

九州乳業「腸まで届くN-1マイルドヨーグルト」
蒜山酪農農業協同組合な「蒜山ジャージーヨーグルト」
丹那「丹那N-1ヨーグルト」
など、今回は一部のご紹介ですが、多くの商品でN-1株が採用され販売されています。

メグミルクのヨーグルト商品
メグミルクではガセリ菌SPを独自に開発、採用しています。
ガセリ菌SP株はコレステロール値を下げるといわれています。
メグミルク商品「ナチュレ」シリーズなどが当てはまります。

この3種類の乳酸菌は比較的、入手しやすいのでおすすめです。
特にナチュレなどはスーパーなどで見かける製品になりますし、価格も入手しやすいので続けやすいです。

あわせて読みたい


ヨーグルトは食べ方によっては逆にコレステロール値が上がることもあります。そんな危険性がない 悪玉コレステロール値を下げる方法を紹介します。

ヨーグルトの食べすぎには注意です

ヨーグルトの乳酸菌がコレステロールを下げるというのはコレステロール値が気になる人にとっては朗報ですよね。
ですが、その一方でヨーグルトを食べた事により逆にコレステロール値が上がってしまったという結果になっている例があるのも事実です。

コレステロール値が上がってしまったという人の場合、頻繁にヨーグルトを食べるようになったという摂取量の増加などが原因になりますので、適度な量を食べるという前提でコレステロール対策に利用したいものです。

そこで食べる量の目安としては一般的に1回分のヨーグルト製品の量でも100g前後の商品が多いと思います。
実際に先ほどもご説明したように100gのプレーンヨーグルトであれば12mgという目安になりますので、100gという量を食べる程度なら問題ありません。

食べるタイミングとしてはいつでも良いのですが、朝に食べると便秘の改善にも役立つといわれています。
腸内環境を良くする1つの対策にもなりますので、まずは毎朝、適量のヨーグルトを続けてみてはどうでしょうか?