高脂血症とは

脂質異常症

(ししついじょうしょう、英: dyslipidemia)は、血液中に含まれる脂質が過剰、もしくは不足している状態を指す。2007年7月に高脂血症(英: hyperlipidemia)から脂質異常症に改名された。

診断基準及び病態による分類

脂質異常症(高脂血症)

診断基準による分類と病態による分類とがあり、診断基準による分類は、高コレステロール血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症といった種類があり、世界保健機関 (WHO) の基準に基づき日本動脈硬化学会が診断基準を定めている[1]。一方病態による分類はリポタンパク質の増加状態より分類するもので、世界保健機関 (WHO) の1970年報告[2] に基づき日本動脈硬化学会が2013年版脂質異常症治療ガイドに脂質異常症表現型の分類法として記載した[3]。病態による分類例は図を参照。